ドワンゴのニコ動「黒字」達成? 4月1日ウソネタで株価急騰

印刷

   東京証券取引所第1部で、動画投稿サイトのニコニコ動画を運営するドワンゴがエイプリルフールのネタとして流した「ニコニコ動画の黒字化」の情報が、投資家のあいだで波紋を呼んでいる。ウソを真に受けて投資した人が少なからずいたようで、ドワンゴ株は急上昇。これが「風説の流布」や「相場操縦」にあたるのでは、という人もいる。

   2010年4月1日の株価は、終値で前日比5000円高の16万2700円。相場の勢いをみる出来高は3524株で、最近1週間の出来高を比べてもほぼ2倍になっていた。

情報が「ひとり歩き」してしまった

   ドワンゴのエイプリルフールネタは毎年のことだが、今年はちょっといただけなかったかもしれない。ニコニコ動画のトップページや、動画や生放送などに流れるコメントをすべてモノクロにし、ニコニコニュースで「本日つい先ほど、ニコニコ動画が黒字化しました。動画のコメント、トップページを始めとした各所で、すでに影響が出始めています。また、長年の悲願であった黒字化達成に、早くも各界からお祝いのコメントが届いているようです」という内容が、4月1日午前0時から丸1日掲載された。

   冷静に考えれば、そもそも決算発表のタイミングでないことや、「黒字化をやめる」「普通に戻す」をクリックすれば、通常のコメント欄に戻る仕掛けを設けていたので、ニコニコ動画にアクセスすれば、情報がすぐに「ネタ」とわかったのだが、どうも「黒字化」の情報がひとり歩きして投資家の耳に入ってしまった可能性がある。

   ニコニコ動画の黒字化は、ドワンゴにとって収益上の大きな課題なので、本当に黒字化したのであれば、投資家の買いが進んで株価が上昇しても何ら不思議はない。それだけに、「(エイプリルフールとはいえ)行き過ぎ」との批判の声も漏れている。

   Yahoo!掲示板にも、

「なんか不穏な空気が流れ始めましたね。本当に黒字化が発表になるとしたら金曜日の大引け後でしょうが、これを待ってなにもなければ、オチのない悪質な洒落で終わりそうです」
「賛否両論ありますけど、たぶん黒字化してるんじゃないですか?もしシャレでそんな事言ったら、どうなるか馬鹿でもわかりますもん。そんな馬鹿じゃないでしょう。そう祈りたい」

といったカキコミが寄せられている。

「疑わしい取引」の判断には時間がかかる

   4月1日は、日経平均株価の終値が前日比154円46銭高の1万1244円40銭。市場全体が上向きだったとはいえ、ドワンゴ株は1日の値動きとしては株価で5000円高、出来高の3524株と最近1か月をみても突出している。

   週明けの4月5日の終値は前日比3300円高の16万4400円。4月に入って、6700円もの急騰だ。

   今回の「黒字化」の件について、ドワンゴ広報・IR部は「問い合わせは数件ありました。情報開示についてはホームページ上できちんと対応しています」と話している。

   一方、東京証券取引所は「疑わしい取引が見受けられれば内部規程に則って調査しますが、個別の案件についてはお話できません」としている。

   また、証券取引等監視委員会は「不自然だったり特異な値動きをする銘柄、公平性を損なう取引については一般投資家などからの情報提供を含め、監視しています。インターネットの掲示版やカキコミなどもその対象です」と話す。

   ただ、実際に風説の流布や相場操縦にあたるかどうか、違法性の判断については「あくまで個別の案件ごとに対処しますし、明確な基準があるわけではありません」という。「法に照らしたうえで、しっかりと見極めています」としている。

   ある証券関係者は、「ドワンゴの件はエイプリルフールネタだったとしても、あまり感心できないですね。投資家がどう受け止めるか、もう少し配慮してほしい」と、クギを刺している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中