犬や猫高齢化で高額医療費 ペット保険の加入急増 

印刷

   空前のペットブームを背景に、犬や猫などの医療費を保障するペット保険の加入が伸びている。保険業法が改正され、ペット保険に対する飼い主の信頼度や認知度が高まったせいもあるようだ。さらに、ペットも高齢化で脱毛症や白内障、ガンなどの病気にかかるケースが増え、医療費がかさむようになったのも増加の背景にある。

   マーケット調査の富士経済によると、ペット保険の2009年の加入件数は、43万4000件で前年比45.1%増えた。10年末も、24.7%増の54万1000件を見込んでいる。

加入率、将来は欧米並みの10%超

ペットも高齢化で医療費の負担が重くなる
ペットも高齢化で医療費の負担が重くなる

   従来のペット保険を取り扱っていた「共済」が2006年4月の改正保険業法の施行によって08年3月末までに廃業したことに伴い、ペット保険の加入件数も過去最多だった07年末の45万1800件から08年末は前年比33.8%減の29万9200件に落ち込んだ。

   しかし、生き残った共済が損害保険会社や少額短期保険会社に衣替えして金融庁の監督下に置かれたことで、ペット保険を取り扱う保険会社への監視の目が厳しくなり、それによってペット保険に対する信頼度が増した。09年はようやく07年の実績に迫るところまで盛り返してきた。

   ペットフード協会の調べによると、09年度に国内で飼われている犬と猫は2234万3000匹。全体的には前年比でほぼ横ばいだが、富士経済は「日本のペット保険の加入率はおよそ2%。ただ、最近はペットの販売時に保険加入を獲得するペットショップもある。スウェーデン並みの加入率(50%)はむずかしいとしても、英国の15%、ドイツや米国の10%程度までは加入率が伸びる可能性がある」とみている。

犬の脱毛症で5万円 猫の腎不全20万円

   ペットも高齢化で、皮膚炎や脱毛症、ガンといった、人間と同じような病に侵されるケースが増えてきた。治療費もかさみ、たとえば犬の場合、外耳炎で通院治療すると約12万円、大型犬の脱毛症の治療だと5万円かかる。猫の腎不全では、血液検査や静脈点滴などの治療費として約20万円が必要になる。手術や入院を考えると、費用が20万円を超えることも少なくない。

   ペット保険を取り扱う保険会社は現在、損害保険2社と7社の少額短期保険会社がある。保険料はペットの大きさや年齢によって異なるが、一般的には月々1000円~3000円程度。保障は、通院時が日額1万円前後(20~30日分)、入院が日額3000円程度(約30日分)、手術費用は1回6万円~15万円(年2回まで)を保障する。

   最近では、ペットを複数飼っている人向けの保険料の割引サービスや、他人のペットをケガさせた場合のための「特約」をつけることができる。なかには火葬費用を保障する保険会社もある。

   ペット保険専業のアニコム損害保険も、もともと共済だったが08年度から損害保険会社に移行。2010年3月3日には持ち株会社のアニコム・ホールディングスが東証マザーズに上場した。08年度の加入件数は約24万件。2009年度の加入件数は約29万件だった。

   「共済から損害保険会社に移行する際に、一時的に契約数が減りましたがそれも戻りました。損害保険会社になったことや、親会社が上場したことも間接的にいい効果を生んでいるようで、認知度も格段に上がりました」と、広報担当者はいう。

   5月10日に行った09年度の決算発表では、「ペット保険は認知度がまだ低く、成長途上の市場。ペットショップをはじめ、銀行や信用金庫などとも保険代理店契約を結んで販売チャネルを拡大していく」と意気込みを語った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中