SB配信サービスにブーイング 「紙面全部読み放題」じゃなかった

印刷

   「30以上の新聞・雑誌が楽しめる」ことをうたい文句にサービスが始まった電子書籍サービスに、早くも失望する声が上がっている。iPad(アイパッド)などで見られるのは、紙媒体に掲載されている記事の一部に過ぎないのだが、「紙面全部が読み放題」と受け取っていた利用者も多かったからだ。さらに、オープン直後からアクセスが殺到し、サービス提供が中断することにも不満が高まっている。

   ソフトバンクグループの「ビューン」(東京都港区)は2010年6月1日0時から、コンテンツ配信サービス「ビューン」をスタートした。iPadやiPhone(アイフォーン)、ソフトバンクモバイルの携帯電話向けに、毎日新聞・西日本新聞などの新聞、AERA・女性セブン・CanCam・フライデー・週刊ダイヤモンドなどの雑誌の内容を配信するというもので、13社から31媒体が提供されている。

西日本新聞の場合、1日の配信記事は約20本のみ

西日本新聞は、紙面から記事20本を選んで配信している
西日本新聞は、紙面から記事20本を選んで配信している

   媒体数が多いのはもちろん、料金はiPad向けが30日で450円、iPhone向けが同350円、ソフトバンクケータイ向けが月額315円で、「これだけの数が読めるのであれば安い」と受け止める向きも多かった様子だ。さらに、「記事全文が読み放題」と思い込む利用者も少なくなかった。

   ところが実際は、あくまで見られるのは「主要記事」だ。例えば西日本新聞の場合は、1日に配信される記事は、同社のスポーツ紙「西日本スポーツ」をあわせて約20本。産経新聞がiPhone向けに配信しているのとは違い、「1ページに記事1本」という具合に、今回のサービス向けにレイアウトをし直している。

   雑誌については、「ラインナップの7割の雑誌について、紙媒体に掲載されている5割の記事が掲載される」(「ビューン」広報担当)のだという。この「5割」についても、雑誌の発売当日に全部掲載される訳ではなく、日を追うごとに少しずつ掲載されていく仕組みだ。

   発表資料には「ほとんどの雑誌で発売当日から主要な記事が配信され」と明記してあるが、多くの人の理解からは「主要」という箇所が抜け落ちてしまった様子で、その分失望感も大きかった模様だ。

サイトが重く、時間がかかることに不満の声

   例えばIT系ブログメディアのテックウェーブ(TechWave)は、

「『iPadで雑誌見放題』は紙への誘導目的の『チラ見せ』」

題した記事を掲載。「週刊ダイヤモンド」の目次に表示された記事数の少なさを引き合いに、

「特集記事でさえ、全部読むことができない。5分の2しか読めないのだ。あとは書評とかだけ。完全に紙への誘導目的のチラ見せである」

と、コンテンツの少なさを嘆いている。なお、同サイトでは、続報で

   「雑誌によってはまあ『見放題』」とも書いており、雑誌によって、電子媒体に配信する割合に大きくばらつきがある様子だ。

   さらに、サービス開始直後からアクセスが殺到したことから、6月1日15時半には、サービスの提供を中断せざるを得なくなるという異例の事態に発展。「ビューン」を利用するためのソフトの利用者からの評価が掲載されているページは、

「現状使えません」
「これでは評価の対象にもなりません」

と、サイトが重いことに対する不満の声であふれている。

   ビューンによると、復旧のメドは立っていないといい、

「鋭意、再開を目指しているところ」

と話している。ところが実際には、6月1日深夜には、アクセス可能な状態だった。

   同社では

「(一度アクセスした内容を端末内に蓄える)キャッシュにアクセスしているか、何らかの理由で『使えてしまっていた』こともあり得る」

と、サービスの停止状態がずっと続いているとの立場だが、突然のサービス中断を含め、対応のちぐはぐさを印象づける形になった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中