銀30年ぶりの高騰 投資マネー大量に流入

印刷

   銀の価格が30年ぶりに高騰している。米ニューヨーク商品先物市場で、2010年8月以降で2割も上昇。9月27日には1トロイオンス21.645ドルを付けるなど、高値圏で推移している。

   銀は、金の価格に連動して値上がりする傾向にある。ただ、現物投資の場合はまとまった量(田中貴金属工業では30キログラムから)を購入しなければならないこともあって、個人投資家には買いづらかった。いまの急上昇の背景には、投資ファンドの存在がある。

銀は金の上昇よりも遅れて上がる

   貴金属の老舗、田中貴金属工業によると、2010年9月30日の銀の小売価格は1グラムあたり64円89銭となり、今年の最高値を更新した。円建てベースでは、1グラム72円を付けた2008年上旬(当時の為替レートは1ドル110円)以来の高水準という。

   銀は工業用の需要が圧倒的に多い。09年は約2万3000トンが工業用として使われ、これは全体の80%にあたる。かつては写真フィルム、最近ではコンピュータや携帯電話、記録メディア、殺虫剤や消臭剤、医療器具など幅広く使われているが、ここ数年は新たな工業品としての需要がなかったことから、目立った値動きはなかった。

   ところがリーマン・ショック後の金融危機の影響で、金の価格が高騰。連日、最高値を更新する中で、銀も連れてジリジリと上がってきた。

   欧米で貴金属ETF(上場投資信託)などを販売するETFセキュリティーズ・リミテッドによると、「通常、金の価格は銀のおよそ50倍で推移しています。現在それが60倍にまで開いてきています。銀は金の上昇よりも遅れて上がる傾向にありますから、まだ上昇の余地があるという判断はあると思います」と話している。

太陽電池や液晶パネル… 新たな需要に注目

   個人投資家にはなじみが薄い銀だが、現物を保有しなくても投資できる「銀ETF」の登場によって、個人が投資しやすくなった。ETFセキュリティーズが販売する銀ETFに対する資金流入も「拡大しています」という。銀ETFには年初来から117億円の資金が流れ込み、銀現物の取得も重量ベースで26%増(840万オンス)となった。

   田中貴金属工業は、「あきらかに、ファンドなどが買っているのが高騰の要因です」と断言する。

   さらには、太陽電池や液晶パネルなどの環境関連商品での需要が伸びてきたこともある。銀がこれまでジリジリと上昇してきたのは、金に連動していたことや投資マネーが流入したことに加えて、コンピュータや携帯電話、医療器具などの製品需要が、中国やインド、ブラジルなど新興国で高まっていたためだ。

   新興国需要にプラスアルファが見込めるようになったことで、銀に注目が集まり、価格を押し上げたとみられている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中