チリ落盤事故縦穴貫通 13日にも救出作業開始へ

印刷

   南米チリ北部の鉱山で起きた落盤事故について2010年10月9日、同国のゴルボルネ鉱業相が、地下に閉じ込められた作業員33人の救出作業を10月13日にも開始できる可能性があるという見通しを示した。

   作業員たちは地下700メートルに閉じ込められており、事故のあった8月初旬から2か月が経過。救出のため、3本の縦穴の掘削作業が並行して行われていたが、現地時間の10月9日午前(日本時間9日夜)、そのうち一本が貫通した。

   ゴルボルネ鉱業相は同日の会見で、縦穴の地下約100メートルまでは土が柔らかく、崩れないよう補強工事を行うことを決定したと発表。作業が順調に進めば13日にも救出作業に取りかかり、約48時間で33人全員を救出できる見通しだという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中