東京国際映画祭イベント 監督ら中国勢37人が「ドタキャン」

印刷

   今年で23回目を迎える東京国際映画祭が2010年10月23日、東京・港区の六本木ヒルズなどで開幕した。映画祭では、9日間にわたって約200本の映画を上映。最高賞の「東京サクラグランプリ」を争う「コンペディション部門」では、76の国・地域の832本の中から選ばれた15本が上映される。

   開会イベントでは、上映作品の監督や出演者300人以上が、ペットボトル約2万3000本をリサイクルしてつくられた約200メートルの「グリーンカーペット」の上を約2時間にわたって歩いた。

情報が錯綜、説明も二転三転

パンツドレス姿で登場した藤原紀香さんには、ひときわ大きな歓声があがった
パンツドレス姿で登場した藤原紀香さんには、ひときわ大きな歓声があがった

   特別招待作品の米アニメ映画「シュレック フォーエバー」の吹き替えを行った藤原紀香さん(39)は、黒のパンツドレスに身をつつんでシュレックの着ぐるみとともに登場。沿道からは、とりわけ大きな歓声があがっていた。

   東京国際映画祭の提携イベント「2010東京・中国映画週間」からも、江平監督、陳徳森監督など中国勢37人が登場する予定だったが、急遽参加を取りやめた。

   グリーンカーペットでは、最後に登場するはずのオープニング作品「ソーシャル・ネットワーク」の出演者が通り過ぎた後も報道陣が待機していた。

   担当者が、

「中国映画週間が、こちらに向かっているようだ」
「連絡が取れていない」
「ホテルを、まだ出発していないようだ」
「(イベントに)出る、出ないでもめている」

などと説明を二転三転。最後は、「我々のコントロール外。報道陣をこれ以上待たせるのは申し訳ない」などとしてグリーンカーペットでのイベントを打ち切った。

不参加の理由については確認中

   映画祭の事務局では、「不参加の理由については確認中」としている。

   なお、08年に「レッドカーペット」が「グリーンカーペットイベント」に衣替えされて以来、麻生太郎元首相、鳩山由紀夫前首相の歴代首相がグリーンカーペットの上を歩いたが、菅直人首相は姿を見せず、開会式で大畠章宏経産相がメッセージを代読した。

   最終日の10月31日に行われる閉会式では、「東京サクラグランプリ」や「審査員特別賞」「最優秀監督賞」など6賞が最終日の10月31日に選ばれる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中