海老蔵も手を出していた? 「容疑者の仲間が鼻血」の情報

印刷

   傷害事件に巻き込まれた歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(32)が、容疑者のいるグループの男性に手を出していた可能性が報じられている。いさかいのときに偶然ぶつかった可能性もあるが、この男性は鼻血を出していたというのだ。

   「酒に酔うと絡むし、困った客だ」。報道によると、事件のあった東京・西麻布界隈では、海老蔵さんは飲食店での評判があまりよくなかった。

酒乱の海老蔵さんを止めに入って罵声浴びる?

   今回も、トラブルの原因を作ったのは、海老蔵さんだとも報じられている。しかも、容疑者のいるグループにかなり乱暴なことまでしていたというのだ。テレビ朝日系のスーパーモーニングは2010年12月1日の放送で、関係者の証言をもとに、当日の様子を生々しく再現している。

   それによると、海老蔵さんは、11月25日午前1~2時に、事件のあったビル11階の会員制カラオケバーに、若手俳優を含む男性1~2人、女性2人と来た。その後、俳優らが帰ったため、店内で2、3度話したことがある元暴走族リーダーとみられる男性(29)を見つけて2人で飲んだ。

   その後、ビル6階のダーツバーに2人で移って、有名モデルの女性と飲んでいたところ、この男性は、酒に酔って1人で帰れないと、電話で容疑者の男性(26)ら後輩3人を呼び寄せた。ところが、海老蔵さんが先輩男性の頭に酒を浴びせたり、灰皿にテキーラを注いで「飲め」と強要したりし始めた。

   後輩3人は、海老蔵さんが有名人で大先輩のように見えたため、当初どうしたらいいかわからなかった。その後、女性と別れて11階の店に戻っても、海老蔵さんは、「立てよ」と言って、先輩を引きずり、水をかけたりした。

   店内の個室に入ると、この態度を見かねて、3人のうち1人が止めに入ったが、海老蔵さんが罵声を浴びせたため、その顔を2~4発殴ったという。

   これに対し、容疑者の男性の関係者によると、海老蔵さんも応戦した。

ぶつかったか、海老蔵さんに殴られた可能性

   殴られてしばらく伸びていたものの、市川海老蔵さんは、男性らに蹴りを入れようとしたというのだ。

   その後、店の人が間に入り、海老蔵さんと男性らは和解。この間は10分ほどで、男性ら4人が帰った後、数分してから海老蔵さんも帰った。そして、男性グループのうち、元暴走族リーダーとみられる先輩男性が鼻血を出していたというのだ。

   これについて、スパモニでは、取材した井口成人リポーターが、「いさかいのときにぶつかったか、(海老蔵さんに)殴られた可能性があります」と説明している。店の関係者も、「被害者と加害者が逆にさえ見えました」ともいい、飲み屋でよくあるけんかにしか見えず、海老蔵さんがひどいけがとは思えなかったと証言したという。

   スパモニによると、容疑者の男性の関係者は、男性は「殴っていない」と言っていると明かした。この点については、中南米系のハーフで目立つため印象が強く、海老蔵さんが見誤った可能性もあるとしている。

   事件については、海老蔵さんは店の外に逃げたが、追いかけられて殴られたとの報道もある。また、容疑者の男性が、出頭するかを聞いた友人に、殴ったことを認めたうえ、「面倒くせえ」と言って電話を切ったとも報じられている。関係者が本当のことを言っていない可能性もあり、事件の真相は、警視庁による捜査の進展を待つしかないようだ。

   とはいえ、海老蔵さんが男性らに手を出したというのは事実なのか。

   所属する市川團十郎事務所に取材すると、担当者が外出中ですぐには答えられないかもしれないとのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中