ニッポンもはや待ったなし 主要紙社説「改革、開国」迫る

印刷

   長引く経済の停滞、中国や北朝鮮など周辺諸国を巡る安全保障問題、民主党政権に対する国民の不信の高まり――。多くの課題を抱えたまま、2011年がスタートした。

   新聞各紙は、2011年1月1日の紙面で、新しい年の日本の進路を占っている。各社とも現状に危機感を持つ一方、打開策のキーワードに改革、開国を挙げるところが多い。

元日の社説で「日本再生の道」を示す各紙
元日の社説で「日本再生の道」を示す各紙

朝日、日経「TPP参加」強く促す

「なんとも気の重い年明けである」(朝日新聞)
「めでたいとは言い難い年明けだ」(日本経済新聞)
「ニッポン丸の舵取りは甚だ心もとない」(読売新聞)

   元日の各紙社説は、書き出しから低調な言い回しが並んだ。どこも国内の現状を憂い、危機感を募らせている。

   朝日は、経済不振が続く中で少子高齢化、財政危機といった問題が進行し、安全保障問題が浮上する一方で、政治は「党利党略に堕している」と厳しく批判。ピンチから脱出するために必要なものとして税制と社会保障の一体的な改革を挙げている。年金や健康保険制度を支える現役世代が減少し、団塊世代が「引退世代」となって財源の負担がどんどん増え、「財政は崖っぷち」「早く取りかかるほど改革の痛みは少なくてすむ」と警鐘を鳴らした。

   同時に、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加も促す。TPPは菅直人首相が意欲を見せるが、民主党内からは反対意見も根強い。「手厚い保護のもと農業は衰退した」と指摘し、「農政を転換し、輸出もできる強い農業をめざすべきだ」と主張する。

   日経も朝日と同様、財政・社会保障改革とTPPの参加を中心とした貿易の自由化を急ぐべきだとする。背景には、「貿易立国」と言われながらも国内総生産(GDP)に占める輸出の割合が10%台と、韓国などより低い現実がある。貿易自由化が遅れれば、国内の企業は生産拠点をさらに海外に移し、国力の成長が阻まれかねない。TPPについても「農業改革が欠かせない。生産効率を高め競争力を強める方向で、農政は大きくかじを切らなければならない」と強調した。

再生のため「ソフトパワーを鍛えよ」と毎日

   読売もTPPの重要性に触れ、「高い関税と補助金に依存してきた日本の農業が、その足腰を鍛えるには、思い切った開国と改革が欠かせない」と、朝日や日経の主張と重なる。一方で同紙は、国防や安全保障部分に一層焦点を当てた。

   尖閣諸島を巡って関係が冷え込んだ中国や、北方領土問題を抱えるロシア、核兵器開発を振りかざす北朝鮮など周辺国からの「圧力や脅威に対抗」するため「強固な日米関係が不可欠だ」と指摘。そのためには、行き詰まりを見せる米軍の普天間基地の移設を「できるだけ早く解決しなければなるまい」と主張する。

   毎日新聞は、3紙と比べて前向きだ。「日本が元気をなくしている」現状に対して、北海道日本ハムファイターズに入団した斎藤佑樹投手の発言を引いて「私たちは何かを持っている」「それは…潜在的な力」と表現。経済の再生や地方の活性化のために、日本人が持っている「ソフトパワー」を鍛えることなどを、日本再生の「処方せん」として掲げた。

   また、軍事力や経済力を「ハードパワー」と位置づける一方、ポップカルチャーを中心とした文化や価値観といったソフトパワーで日本の魅力を押し出し、外国人を引き寄せることで「外交や安全保障、経済再生にもつながる」と説いている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中