AKBメンバーが次々卒業へ? モー娘。の二の舞になる可能性

印刷

   人気絶頂のAKB48から板野友美さん(19)のソロデビューが決まり、今後メンバーが次々卒業するのではと話題だ。ただ、同じアイドルユニットのモーニング娘。では必ずしもうまくいっていないだけに、その後を不安視する声もある。

   AKB48の中でも、2010年は、初期メンバーの1人板野友美さんの活躍は目立っていた。

板野友美さんがソロデビューで話題に

   イトーヨーカ堂のCMに抜てきされ、女性ファッション誌ViViで連載も持った。さらに、ベストジーニストでの受賞にも輝いている。そして、2011年には、AKBとしては初のソロデビューをし、1月26日にシングル曲「Dear J」を発売するというのだ。

   AKBメンバーには残るものの、こうした活躍や待遇ぶりに、ほかのメンバーからはやっかみの声も出ていると一部で報じられている。

   一方、まだ続くAKB人気で、11年は、名前が売れ始めた板野さんを始め、初期メンバーらが次々に卒業するのではないかとの観測もあるようだ。うわさになっているのは、女優としても活躍し始めた前田敦子さん(19)や篠田麻里子さん(24)らだ。

   ネット上でも、その動向が話題になっている。ミクシィの日記をみると、中には、初期メンバーがほとんど卒業するとみる向きもある。

   ある男性ユーザーは13日、日記でこう大胆予測した。AKBの9期研究生8人がメンバーに昇格した代わりに、初期7人全員ともう1人が卒業するというものだ。

「あっちゃん→女優でやってるし 篠田さんはピンで仕事忙しくて公演出れてないし ともちんはソロデビュー決まったし no3bの三人はそれぞれ活躍目立ってきたし」

   さらに、初期メンバーの平嶋夏海さん(18)に可能性があり、2期メンバーで「笑っていいとも!」レギュラーの秋元才加さん(22)も卒業するかもしれないとしている。

ソロもユニットも力を失う?

   AKB48に詳しいライターの本城零次さんは、板野さんや前田さん、篠田さんは、即卒業となる可能性は低いと言う。メンバー個人の知名度の定着が不十分なことや、前田さんは選抜総選挙で「AKB48に自分の人生を捧げる」と語るなどユニットへの愛着もあるためだ。しかし、「何らかの大きなサプライズ発表が近々ある可能性は高い」と話す。

「AKB48は昨年12月8日の5周年公演で9期研究生8人の正規メンバー昇格が発表され、8人の所属チームは決定しないまま、現在、事実上『AKB56』といういびつな状況です。そして、活動6年目に入り、板野、前田、篠田ら1期生は今年で『6年生』になりますからね」

   一方で、ファンらの間では、AKB48メンバーのソロ活動を不安視する声も強いようだ。モーニング娘。のメンバーが卒業してから、必ずしも成功していないことが前例にあるからだ。

   別のミクシィユーザーは、板野友美さんについて、こんな指摘をした。

「グループの一員としては絶大な人気を得ても、ソロデビューすると人気失速するケースは決して少なくないし。モーニング娘。で絶大な人気を誇った後藤真希は、代表的な例でしょうか。グループは、構成メンバーがそれぞれの魅力や個性を補完しあったり、引きたてたり…といった効果があります」

   モー娘。では、リーダーの高橋愛さん(24)が2011年1月9日、この秋に卒業すると発表した。その代わりに、9期メンバー4人が新たに加わるが、ミクシィの日記を見ると、高橋さんばかりでなく、主力を失うモー娘。の今後についても不安の声が出ている。

「さぁて、ソロでも成功して欲しいけど、娘。OGで成功してるのも、矢口chan、テレ東内定の紺野chan位だから、ドウナルかなぁ」
「高橋愛が卒業することは AKB48のたかみなとあっちゃんと大島優子とまりこさまとまゆゆとともちんと才加と峰岸みなみが全部一気に脱退しちゃうのと同じ感じだよ」

   もしAKBが主力を失うとすれば、果たしてファンはどれだけついてくるのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中