民主党長老から「卑しい」の声 与謝野大臣早くも火だるま

印刷

   菅第2次改造内閣の「目玉」、元自民党の与謝野馨・経済財政相(72)の入閣に厳しい批判が寄せられている。民主党からでさえ「卑しい、恥ずかしい」との声が公然と出た。民主党批判の「急先鋒」だった与謝野氏の一転入閣は、低迷を続ける菅政権の新たな火種になりつつある。

   「これは恥ずかしいなあ」。民主党の最高顧問、渡部恒三氏はテレビ番組で入閣をこう斬って捨てた。

渡部・民主党最高顧問「恥ずかしいなあ」

与謝野新大臣の行く末は?
与謝野新大臣の行く末は?

   渡部氏の発言は、2011年1月16日放送の「時事放談」(TBS系)でのものだ。「民主党批判の急先鋒」(同番組)の入閣について、渡部氏は「恥ずかしいなあ」発言の後、こう続けた。

   「政治家として1番大事なことは信義と節操」「自民党が政権もってるときは1番良い思いして、政権を失ったとたんに自民党を出て、(新党「たちあがれ日本」へ入党し、また離党して)今度は民主党で入閣した(編注:与謝野氏は現在、無所属)なんて、卑しい、恥ずかしい」 と顔をしかめながら答えた。

   渡部氏は「ただ、大臣としての能力は抜群」と持ち上げてもみせたが、司会者も思わず「かなりはっきりとおっしゃいました」と、大胆な批判にたじろぎ気味だった。

   一方、菅直人首相は、強い思い入れがあるようだ。1月14日の内閣改造後の会見でも、「例えば与謝野さんの参加といったものも必要だと…」「(社会保障制度や財源の問題で与謝野氏が『責任者』になることについて)ひとつの大きな(この改造内閣の)性格の表れ」などと与謝野氏に触れた。期待の大きさがうかがえる。

   その期待の中には、消費税増税議論の下地作りだけでなく、自民党時代の人脈を生かした与野党連携、ねじれ国会打開のパイプ役としての役割も含まれているとされる。

   しかし、野党の反発は大きく、現段階では逆効果ですらあるようだ。自民党の谷垣禎一総裁は1月14日の会見で、「与謝野氏パイプ役」説について、「人間の見方が間違っている。人間というものに対する無理解をさらけ出した人事だ」と批判した。公明党の山口那津男代表も、「民主の勝手な思い込みだ」と突き放した。

早くも「与謝野氏へ問責決議」の声

   また、小選挙区で落選しながら自民党候補として比例復活当選した議員である点について、「せめて(自民党として得た議員)バッジをはずしてから」「人として信用できない」(石原伸晃・自民党幹事長)との声も出ている。

   批判の声は政治家からだけではない。1月17日に放送された情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)では、コメンテーターで国際金融アナリストの末吉竹二郎さんが、年金など「大きな政治的選択」が関係する政策の責任者(大臣)に、「政治家としての信条がどこ行ったか分からん人(与謝野氏)」がついたことで、「国民の信頼感」が生まれていないことが「大きな問題だ」と懸念を示した。

   野党関係者やマスコミでも散々指摘されているように、与謝野氏はこれまで、民主党を厳しく批判してきた。鳩山由紀夫・前首相を国会で「平成の脱税王」と追及したこともある。1年前の10年1月には「民主党が日本経済を破壊する」(文春新書)という本まで出版していた。

   同書の最後半部で「足下の覚束ない民主党がオン・ザ・ジョブトレーニングで政権担当能力を身につけ、二大政党制が成熟するのを待つ時間などないのである」「このままいつまでも民主党に政権を任せておくわけにはいかない」と指摘していた。

   ちなみに、本が出た当時は自民党に在籍しており、首相は鳩山氏だった。その後、10年4月に自民を離党し、たちあがれ日本の発足に参加した。たちあがれ日本発足時には、「反民主、非自民」を強調していた。

   過去の民主党批判と今回の入閣の「整合性」を問題視する自民党議員らの中からは、早くも与謝野氏への問責決議の可能性を指摘する声があがっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中