尖閣映像流出 元海上保安官を起訴猶予

印刷

   尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突の映像流出事件で、東京地検は2011年1月21日、国家公務員法(守秘義務)違反容疑で書類送検されていた一色正春・元海上保安官(退職)を起訴猶予処分とした。流出映像は一時、海保職員の誰もが入手可能な状態にあったことから、悪質性はなかったなどと判断された。

   東京地検は同日、公務執行妨害容疑で逮捕され、処分保留で釈放された中国人船長についても、起訴猶予とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中