首都圏でも放射線量が数十倍 観測施設にアクセス殺到

印刷

   首都圏で観測される放射線の数値が上がっている模様だ。各自治体の観測で、数値が通常の数値の数十倍にのぼるケースがあるほか、個人所有のガイガーカウンター(放射線測定器)の値がウェブサイトで公開されており、アクセスが殺到している。

   2011年3月15日朝、東京電力の福島第1原発の第3号機では、1時間あたり400ミリシーベルトを観測した。今後、放射性物質がどの程度拡散するかについて懸念が広がっている。首都圏でも、すでにごくわずかながら影響が出始めている模様だ。

都が設けている観測施設で通常の20倍以上

   東京都が設けている観測施設では、15日7時過ぎから最大放射線量が増加を始め、10時過ぎには、通常の20倍以上になる0.809マイクロシーベルトに達した。微量のヨウ素・セシウムなどの放射性物質も検出した。埼玉県では、3月15日11時過ぎには、通常の40倍近い1.222マイクロシーベルトを観測している。

   それ以外にも、個人が観測機器を設置し、観測データをウェブサイトで公開している例もある。例えば東京都日野市で設置された観測機器では、通常は0.15マイクロシーベルトしか観測されないが、15日9時頃から上昇を始め、正午には約0.9マイクロシーベルトにまで上昇。15時時点では、0.25マイクロシーベルト程度に落ち着いている。

ガイガーカウンターの数字をユーストリームで配信

   また、江東区でガイガーカウンターの数字をビデオカメラで映してユーストリームで配信する利用者も登場。一時期は数万件のアクセスを集めた。いずれも民生用の機材で観測されたとみられ、業務用機材に比べて精度は劣るとされるものの、一定の傾向は示していると言えそうだ。

   なお、放射線量は増加しているものの、現時点では絶対量が少ないため、直ちに健康に影響がある訳ではない。

   全国の観測地点をグーグル・マップ上にまとめて公開している利用者もいるが、現時点ではアクセスが殺到しているとみられ、接続できなくなっているリンク先も多い。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中