「電力逼迫時に試合開催おかしい」 セ・リーグの開幕強行に反対相次ぐ

印刷

   人々に元気や勇気をと、プロ野球のセ・リーグが、選手会の要望を振り切って通常開幕を決めた。ところが、ナイターなどで多量に照明を使うため、この節電時にと異論が相次いでいる。

   「大反対です」。こうモノ申したのは、かつてプロ野球選手会長として球界の新規参入などに辣腕を振るった古田敦也さん(45)だ。

古田敦也さんがブログで「大反対」

かつての選手会長も声を上げた
かつての選手会長も声を上げた

   古田さんは2011年3月17日にブログを更新。その中で、セ・リーグが同25日から開幕を強行することに対し、「今はそんな段階にない」と異議を申し立てたのだ。

   パ・リーグは、本拠地の仙台が被災した楽天に配慮して、開幕を4月12日に延期した。セ・リーグでも、安否不明の被災者などがいる状況では通常開幕はふさわしくない、と選手会が要望を述べた。また、パ所属のダルビッシュ有投手(24)も、まだ人々を励ますレベルでないとツイッターで訴えていた。

   ところが、読売巨人軍の渡邉恒雄会長ら球団幹部らからは通常開幕にこだわる声が強かった。結局、プロ野球の加藤良三コミッショナーが17日、「分離開幕」という苦渋の決断をしたことを声明で明らかにした。

   とはいえ、震災による原発事故で計画停電が始まり、経産省などが節電を呼びかけている最中だ。古田さんも、ブログでそのことを指摘。現状では東京ドーム、神宮球場でたくさん照明を使うナイトゲームはおかしいとして、セ・リーグでも開幕を延期するよう訴えている。

   そして、18日になって、海江田万里経産相が、電力消費量の多い東京ドームは使わないよう、会見で異例のコメントを出した。電力が逼迫していない球場で行うよう注文を付けている。さらに、高木義明文科相が開幕に違和感を明かし、文科省は日本野球機構に関東・東北でのナイター中止を要請した。また、ドームのある東京都の石原慎太郎知事も、デーゲームに限定して行うべきだと述べている。

東京ドームは、巨人と節電策を協議

   東京ドームの広報担当者によると、ドームは、照明のほかに空調もあるため、1日で5~6万キロワットもの電力を消費する。単純計算すると、ナイターをすれば、5000世帯ぐらいの消費量だ。

   そして、ドームは屋内施設のため、デーゲームでも照明などを使う。すると、ナイターとほぼ同じぐらいの電力消費量になるというのだ。つまり、ドームの場合は、デーゲームも含めた節電議論になる。

   こうした指摘に対し、東京ドームでは、まだ具体策はないとしながらも、最大限の節電をしようと、本拠地としている巨人と協議しているという。ナイターでは、現在も電飾や看板の照明を落としているが、安全性に関わるもの以外の電力は削りたいとしている。

   デーゲームでは、屋根の膜が薄いため、太陽光を透過して少し明るくなる。このため、必要な照明を確保しながら、さらに電力を落とす策を検討しているとした。

   巨人は、ドームで2011年3月25日から横浜との開幕3連戦に臨むが、電力消費に対してどう考えているのか。

   球団の広報部では、取材に対し、「現段階では、コメントを出しません」とだけ話す。しかし、この問題への関心は強く、開幕強行について賛否両論の電話がたくさん来ているという。日本野球機構コミッショナー事務局にも、電話が多数かかっているようだ。

   もっとも、プロ野球をすること自体には、賛成する意見も多い。ファンらが元気をもらえるという声のほか、義援金集めに役立つとの指摘もある。中日は、17日からのオープン戦でチャリティ試合をしており、同球団の選手会も協力して募金活動をしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中