1~3号機「核燃料、溶融していた」 保安院やっと認める

印刷

   福島第1原発の事故について、経産省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は、2011年4月18日の会見で、1~3号機の核燃料が溶融しているとの見方を初めて明らかにした。すでに内閣府の原子力安全委員会には報告済みだという。

   保安院はこれまで、核燃料について「損傷」との言い方にとどめていた。「溶融」に変えた理由について、1号機は水素爆発し、2、3号機はペレットが溶融して高濃度の放射性物質が検出されたことを挙げている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中