被災者に朗報 メールで医療相談

印刷

   東日本大震災後に有志の医療従事者によって組織された「Rescue311」は、被災者向けにメールで医療相談を受け付けている。

   Rescue311は、群馬県立小児医療センターの椎原隆医師らボランティアの医療従事者が中心となって2011年4月4日に立ち上げられた。現在、全国の90人以上のボランティア医師が登録、被災者からの相談に応じる体制をとっている。ホームページはhttp://www.311er.jp/

   相談するには、まずinfo@311er.jp へ空メールを送る。すぐに相談票メールが届くので相談内容を記入し返信する。のちほど医師が直接メールで答えてくれる。相談は無料。携帯メールでも利用できる。

   被災地では、病院そのものが被害を受けていたり、医療機関にまでたどり着くことが困難だったりする場合もあり、健康不安を抱えたときに気軽にメールで相談できる窓口があるのは、被災者にとって心強い。

   Rescue311ではボランティアの医療従事者を募集するとともに、被災地での利用を促進するため、被災地へ向かうボランティア参加者にRescue311のパンフレットの配布を呼びかけている。以下のURLからダウンロードできる。http://www.311er.jp/brochure

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中