被災地と世界を結ぶ 地方紙×ソーシャルメディア

印刷
4/11宮古市立愛宕小学校
4/11宮古市立愛宕小学校

   岩手日報社は、2011年3月28日から東日本大震災応援プロジェクト「いわてのテとテ」を実施している。

   岩手県内外から想いをこめたメッセージをWEBサイト上で募集し、そのメッセージを新聞紙に掲載。通信設備が整わない被災地域やインターネットを利用する習慣がない人たちに声を届ける試みだ。メッセージが掲載された紙面はWEB上に即日公開される。また、一部の避難所では張り出しが行われ、その様子を写した画像がサイト上で見られる。twitterアカウント@IWATTEでも「いわてのテとテ」へのメッセージの紹介をしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中