震災で日本人に感情変化 「ひやひや」「やばい」「しみじみ」増える

印刷

   東日本大震災の前と後で、日本人の感情に大きな変化が現れていることが、全国6000人を対象にした調査が明らかになった、「次にあげる感情をどの程度感じたか」という設問では、全国的にネガティブな感情を表す言葉を選択する人が増加した。

   特に、被災した東北地方では、この傾向が顕著だ。ただし、「じーん」「しみじみ」といった感情を持った人も大幅に増えており、応援メッセージやボランティア活動などで心動かされた人も多いようだ。それ以外にも、震災にともなう心理的影響は、様々な場面で現れている様子だ。

東北地方で大きな振れ幅

   調査は、博報堂生活総合研究所が2010年5月と11年5月に、20歳から59歳までの6000人を対象にネット上で行い、両年の回答の変化を比べたもの。調査では、「やったー」「るんるん」といった「快感情」の選択肢を10点、同様に「やばい」「あやふた」といった「不快感情」の選択肢を10点示した上で、

「これまでの3か月間、日常生活において、あなたは次にあげる感情をどの程度感じましたか」

と聞いた。その結果、全国的に「快感情」を感じた人が減少し、「不快感情」を感じた人が急増している。震災が、国民が持つ感情に暗い影を落としていることが改めて浮き彫りになった形だ。

   全国的に見ると、その増減幅は数ポイントにとどまっているものの、東北では特に振れ幅が大きい。例えば不快感情では、「ひやひや」が16.0ポイント増、「やばい」が14.2ポイント増、「くよくよ」が13.9ポイント増。快感情は軒並み減少しており、「るんるん」が15.3ポイント減、「うきうき」が16.5ポイント減といった具合だ。その中でも、上昇した数少ない快感情が「じーん」「しみじみ」だ。「じーん」は全体では15.3ポイント、東北では26.1ポイント増加。「しみじみ」は、全体では8.6ポイント、東北では16.7ポイント増加している。やはり、東北の方が全国平均よりも振れ幅が大きい。

   調査を行った博報堂生活総合研究所では、「じーん」という感情を持つ機会が増えた背景は「被災地のボランティア活動や応援メッセージ、みんなの助け合い」にあるとみている。さらに、

「震災や節電などのつらく、苦しい出来事に遭遇した反動で、今の暮らしや状況に対して『しみじみ』と感じる生活者が全国的に増えたようだ」

とも分析している。

飲酒運転や自殺者も増加

   震災をめぐっては、それ以外にも様々なストレスや感情面での影響が明らかになっている。ひとつが、飲酒運転の急増だ。宮城県警の調べでは、震災後100日間(3月11日~6月18日)に県内で発生した交通事故の件数は、前年同期比19.3%減の2151件と、大幅に減少している。特に死者数は、3分の1にまで減少している。ところが、その中で大幅に増えているのが飲酒運転による事故だ。10年の3月11日~6月18日の事故発生件数は16件だったが、11年には37.5%増の22件。飲酒運転による事故は08年の34件からゆるやかに減少に転じていただけに、かなり顕著な変化だ。宮城県警は、大震災のストレスで飲酒の頻度・量が増えた可能性があるとみている。

   自殺統計にも異変が起きている。5月の全国の自殺者数は前年同月比19.6%増の3329人で大幅な増加を見せている。被災3県で見ると、岩手県が同5.7%減の33人、宮城県が同数の50人と大きな変化はないが、福島第1原発を抱える福島県は、同38.8%増の68人だ。

   現時点では、これらの数字の変化と震災との因果関係は不明だが、蓮舫行政刷新担当相(当時)は、暫定値とはいえ18%増が判明した6月10日の会見で、

「ちょっと看過できない。これは早急な分析を行ってもらいたいという指示を出している」

と、急激な伸びに驚きを隠さなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中