「天声人語」専用ノートが人気 書き写して「認知症予防」や「お受験対策」

2011/7/ 4 09:30

   朝日新聞のコラム「天声人語」を書き写すための専用ノートが人気だ。書き写しを実践する人が多いことを受け企画されたもので、2011年4月末から全国の朝日新聞販売所(ASA)を中心に販売されている。

   ノートはA4判で1冊210円。新聞から切り抜いた天声人語をノートにスクラップし、その下のマス目に内容を書き写す。マス目は天声人語とまったく同じ字数・行数になっている。

学校や企業が100冊単位で購入も

「天声人語」を書き写すノート
「天声人語」を書き写すノート

   天声人語は朝日新聞の1面に毎日掲載されているコラムで、大学などの入学試験に出題されることも多い。ノートの説明には、「毎日続けると、世の中のいろいろなできごとがわかります。知っている言葉がどんどん増えて、文章の構成力やリズムも身につきます」と書き写しの効果が書かれている。

   天声人語はぴったり602文字のため、これを手書きでていねいに書き写すとなれば1日あたり30分ほど時間がかかり、ノート1冊で1か月続けるとなればそれなりの集中力が求められそうだ。

   朝日新聞社の広報担当者によれば、予想をはるかに上回る勢いで売れているという。

「すでに1冊分写し終えて、2冊目を使われている方、遠からず3冊目に入る方も少なくありません。親子など家族で競い合って写したり、学校や企業などが、授業や研修のため、まとめて100冊単位で購入されたりするケースも多いようです」

   購入層は小学生~大学生、母親世代、シニア層が中心で、「学生の方は国語の学習や小論文対策、就職活動などのため、お母さん世代はお子さんの勉強のため、シニア層は老化防止や日課のひとつとして実践されているそうです」。

FX業者が注目する、初めてのFXに向いている通貨

    少ない資金でスタートでき、国際通貨基金(IMF)も高い成長を予測する、伸び盛りの国が... 続きを読む

PR 2014/10/23

おすすめワード

今旬ワード

スポンサードリンク

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

注目情報

伝説のTVプロデューサーから愛のムチが飛ぶ

数分で読める、わかる、鎌倉女子大学のwebミニ講座。これが無料?!

ミニッツシンキング

英会話がみるみる上達するというシャドーイングとは?

英語
おすすめワード

【スポンサードリンク】

関連サイト

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット
このページのトップへ