底をついた学校給食 米と野菜ジュースで支援【福島・南相馬発】

印刷

震災後の南相馬市で給食の食材調達が困難に

待ちに待った給食の時間。難民を助ける会の支援したお米をほおばる児童たち(2011年7月南相馬市立石神第二小学校にて)
待ちに待った給食の時間。難民を助ける会の支援したお米をほおばる児童たち(2011年7月南相馬市立石神第二小学校にて)

   福島第一原子力発電所の事故により、福島県南相馬市では、原発から30キロ圏内の小中学校は再開の目処がたっていません。原町区、小高区の小中学校に通っていた児童・生徒は、同市の30キロ圏外にある南相馬市鹿島区の学校(小学校3校、中学校1校)へバスで通っています。


   震災後、南相馬市の学校給食は、臨時的に支援物資を利用して、以前よりも少ない予算で鹿島区の給食センターに給食提供を依頼せざるをえない状況でした(2011年7月時点で1食当たり200円)。6月末までは支援物資として南相馬市に届いたお米の一部を学校給食に利用していましたが、それも底をつき、予算不足のため新たにお米を購入することもできませんでした。また、原発事故の影響で地元産の野菜の調達が難しくなり、他県産の野菜を購入する予算もありませんでした。そのため、野菜などの食材とお米が不足し、増えた児童・生徒に栄養ある給食メニューを提供していくことが難しくなっていました。

野菜ジュースとお米の支援を実施

   難民を助ける会は南相馬市の教育委員会からこうした状況を聞き、7月1日から22日の給食に使う分の「お米」2トンと、栄養が手軽にとれる「野菜ジュース」16,802個(週2回分)を提供しました。野菜ジュースは小中学生でも飲みやすくかつ必要な栄養素がとれるものを選んで届けました。


   鹿島区の学校では児童・生徒が急増したため教室が足りなくなり、体育館に間仕切りをして作った狭い教室で授業をしている学校もあります。そこで一生懸命勉強する児童・生徒たちは、楽しみにしている昼食の時間に、継続してお米のご飯が食べられること、美味しい野菜ジュースが飲めることを喜んでくれました。


   今後は保護者からの給食費を徴収できる見込みとなったため、南相馬市への給食支援は7月22日で終了しましたが、2学期は8月25日から9月24日までの期間に給食車輌の貸し出しをする予定です。また、今後も福島県の被災者への日用品配付などを引き続き行ってまいります。

(難民を助ける会 東京事務局 高城大吾)

震災直後から5月まではこのような質素なメニューが続いていました(この日のメニューは、ゆかりおにぎり、牛乳、チーズだけです)
震災直後から5月まではこのような質素なメニューが続いていました
(この日のメニューは、ゆかりおにぎり、牛乳、チーズだけです)
難民を助ける会以外にも、日本全国からも支援が届くようになり、メニューが充実してきました。2011年7月のある日のメニューは、食パン、鮭フライ、フルーツポンチ、ハニージャム、野菜ジュースです。
難民を助ける会以外にも、日本全国からも支援が届くようになり、
メニューが充実してきました。2011年7月のある日のメニューは、食パン、
鮭フライ、フルーツポンチ、ハニージャム、野菜ジュースです。


認定NPO法人 難民を助ける会
1979年、インドシナ難民を支援するために、政治・思想・宗教に偏らない市民団体として日本で設立された国際NGOです。
2011年3月11日に発生した東日本大震災を受けて、地震発生当日より活動を開始。宮城県仙台市と岩手県盛岡市に事務所を構え、緊急・復興支援を行っています。
活動にあたっては、特に支援から取り残されがちな障害者や高齢者、在宅避難者、離島の住民などを重点的に支援しています。食料や家電などの物資の配布、炊き出し、医師と看護師による巡回診療など、多面的な活動を続けています。
■ホームページ http://www.aarjapan.gr.jp
■ツイッター  http://twitter.com/aarjapan

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中