ルース米大使ツイッターで「捕鯨問題どう思う」 日本人反発「食文化に口出すな」

印刷

   ジョン・ルース駐日米大使が、捕鯨やイルカ漁に関してツイッターで日本人に意見を求めた。米国人がツイッター上で「懸念」を示している意見を目にしたので、「日本人の話も聞きたい」と呼びかけたものだ。

   これに対して返信の多くは、反捕鯨・イルカ漁の主張への反発が多い。米国人に対して「考えを押し付けないでほしい」と主張する。

米国人が「牛を食べるのは野蛮」と言われたら?

ジョン・ルース駐日米大使(Wikimedia Commonsより)
ジョン・ルース駐日米大使(Wikimedia Commonsより)
「アメリカのフォロワーが日本のイルカと鯨の捕獲への懸念をツイートしています。日本のフォロワーの皆さんがこの問題についてどう思っているか興味があります」

   ルース大使は2011年10月27日、ツイッターに日英両言語でこう投稿した。

   反捕鯨団体「シー・シェパード」による度重なる調査捕鯨への妨害行為が毎年のように発生。また2009年には、和歌山県太地町で行われている伝統的なイルカ漁を撮影した米国映画「ザ・コーヴ」がアカデミー賞を受賞した。

   ツイッターでは、日本に向けた「捕鯨反対」の書き込みが少なくない。例えば「太地(町)へのツイート」というキーワードの下に寄せられた投稿では、「世界中から非難されているのに、『ザ・コーヴ』のようなイルカ漁は続いている」「クジラやイルカたちは、私たちの助けを待っている」というものや、「日本の商用捕鯨員に2300万ドルの資金援助」という記事の見出しに対して「津波の義援金が使われているのか」と疑いの目を向ける人もいた。

   ルース大使自身、ツイッターには2つの言語で毎日投稿を重ねている。自身も頻繁に利用するツールで、日本人の心情を理解しようと努めている様子はうかがえる。だがユーザーからの返信は、厳しい内容が並んだ。

「文化において、アメリカの方に何かを言われることは迷惑だなと思います」
「ヒンズーの人たちが『牛は神聖な生き物。食べる奴は野蛮なので、食べるのはやめろ』と米国の人たちが言われたらどうでしょうか」

   食文化の違いになぜ文句をつけるのか理解に苦しむ、という反論が多い。また大使が具体的にどの書き込み内容を見たのか言及していないため、「真意がわからないと意見の言いようがありません」との指摘もあった。

捕鯨反対派はフェイスブックで「殺りく止めろ」

   捕鯨・イルカ漁反対派の中に、ツイッターで「フェイスブックの日本の首相官邸ページに抗議のメッセージを出そう」と呼びかけた人がいた。首相官邸ページは英語版があり、藤村修官房長官の記者会見の映像を連日更新している。捕鯨とは直接関係ない会見内容でも、反対派はお構いなしだ。

「野田首相、世界中の人々の声に耳を傾けて、残虐な(クジラやイルカの)殺りくを止めてください」
「国際社会は、日本が行う野蛮で恐ろしい行為を見ている」

と、強い調子のコメントが毎日送られている。一方で「ここに書き込んでも、日本政府の関係者が読んでいるわけないだろう」「わがままな感情論で他国の文化を攻撃しているだけ」と応戦する人もいる。

   ルース大使はその後、集まった意見に関してツイッター上では触れていない。希望した通り、今も続々と日本人の声は届いているようだ。だが、これまでも賛成派と反対派に分かれて長らく議論が続いており、感情的な対立も見られるだけに、かえって火に油を注いでしまったかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中