長野の高校「イジメ動画」公開 ネットで「犯人」間違え抗議殺到

印刷

   長野県の高校でイジメがあり、その様子を撮影した動画が「ユーチューブ」にアップされた。ネットで、問題の高校と人物が特定され大騒ぎに。ところが、イジメが起きたのは別の高校だった。

   「犯人」とされた高校には、電話やメールでの抗議や問い合わせが殺到。地元新聞社からの取材まであった。その高校は、公式ホームページのトップページに「本校とは関係ありません」との異例の告知を出すことになってしまった。

「イジメすぎだ」「こりゃまずい!」

   高校の生徒がイジメ動画を「ユーチューブ」にアップしている、と騒ぎになったのが2011年11月1日の午後10時頃。動画のタイトルは「公開処刑(遊び)」となっていた。

   その動画は、机に腰をかけている男子生徒が、教壇近くの椅子に座っている男子生徒に対し、説教をしているかのようなシーンから始まる。

   ニヤニヤ笑いながら何かを話していた生徒は立ち上がり、上着を脱ぎ、前に俯いて座っている生徒の髪の毛を、いきなり左手でつかんで振り回した。生徒の首が折れ曲がっているように見えたとき、右手で生徒の頬を強く張り飛ばした。

   動画にはこの様子を見ていた他の生徒の「イジメすぎだ」「こりゃまずい!」など楽しそうにはしゃぎ声も録音されている。動画を撮影したのは、たまたまビデオカメラを持っていた生徒のようで、髪の毛をつかんでいた生徒から「撮影はやめろ」などと言われ、撮影をやめている。

   この動画には高校名前入りと思われるジャケットが写っていたため、ネットでは間もなくどの高校で起きたかが特定された。そして、その高校や県の教育委員会の電話番号やメールアドレスが晒され、抗議をしようとの呼び掛けが始まった。

   しかし、ネットで特定された高校は全く関係のない高校だった。

   「犯人」とされた高校が、電話やメールが大量に来ていることを知ったのは11年11月1日の夜11時頃。原因を調べると、自校生徒によるイジメ動画がネット上に出回っているということだった。最初は慌てたものの、先生たちが連絡を取り合い、問題の動画を調べたところ、動画に写っていた生徒は、自校の生徒ではないことがわかった。つまり、全くのデマであり、教育委員会にも連絡して一安心したという。

「非常に迷惑で、残念な出来事になった」と校長

   しかし2日朝に登校すると、イジメに関する抗議や問い合わせの電話やメールがさらに大量に届いていた。メディアからの取材依頼もあり、授業に支障が出る状態に。同校では同日午前中、公式ホームページのトップに

「『動画サイト』等に投稿された件につきましては、本校とは関係ないことが判明いたしました。ご心配をおかけしました。今後ともよろしくお願いいたします」

との異例の告知を出した。同校校長は

「本校と致しましては、非常に迷惑で、残念な出来事になってしまいました。3年生にとっては受験を控えた一番大切な時期なのに・・・」

と頭を抱えていた。

   掲示板「2ちゃんねる」では2日午後2時の段階でも、この高校の実名を出しているスレッドが存在し、書き込みが止まっていない。

   イジメ動画の現場となったのは長野県の別の高校で、同校では動画に映っている生徒が自校の生徒であることを認めている。そして

「今は生徒への事情聴取を行っている段階。処分等についてはまだ決まっていません。ただし、恒常的なイジメ、というものではないようです」

とだけ説明している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中