投手2冠の中日・吉見がMVP落選 記者投票結果に「信じられない」

印刷

   優勝チームに最大貢献し、2冠3タイトルのエースがMVPの記者投票で大敗という信じられない事態が起きた。中日の吉見一起投手がその悲運の人。選ばれたのは同僚の中継ぎだった。不思議な投票との声があがっている。

   今シーズンの最優秀選手(MVP)が発表されたのは12月1日のこと。パ・リーグが日本シリーズを制したソフトバンクの内川聖一外野手、セ・リーグはリーグ優勝した中日の中継ぎ浅尾拓也投手。驚いたのはセで、大本命のエース吉見が選考されなかったことだった。

吉見の成績は過去20年でも特筆モノだが…

   投票数と得点は次の通り。カッコ数字は順位で1位5点、2位3点、3位1点。

▽浅尾 (1)170 (2) 55 (3)4=1,019
▽吉見 (1) 70 (2)156 (3)7= 825

   MVP投票はプロ野球担当記者によって行われるもので、「記者投票による表彰選手」といわれる。新人王やベストナインなども記者投票で決まる。MVPの選考趣旨は、ペナントレース優勝の貢献が第一の条件とするもの。ただし、優勝に関係なく図抜けた成績を残した選手が選ばれることもある。

   両投手の成績を振り返ってみると、意外な結果だったことがよく分かる。

▽浅尾 79試合、投球回数 87回1/3、7勝2敗10セーブ、ホールドポイント52、防御率0.42。
▽吉見 26試合、投球回数190回2/3、18勝3敗、防御率1.65。

   浅尾は最多ホールドポイントのタイトルを獲得。対する吉見は最多勝利、最優秀勝率、最優秀防御率の3タイトルを手にした。最多三振を取れば勝利、防御率と併せ「投手の三冠王」になるところだった。

   さらに細かく見ていくと、救援投手としての浅尾はセの8位。1位は41セーブを挙げた阪神の藤川球児投手で、2位には中日の岩瀬仁紀がつけた。浅尾はときにはクローザーとしても投げたが、高く評価されたのはやはり中継ぎとしての役目。一方吉見は与四死球27(1試合1個平均)被本塁打8、暴投0という抜群のコントロールを見せた。

   さらに不思議なのは、吉見はセのベストナインに選ばれ、同時にセの最優秀投手になっているのだ。MVPだけは「お前じゃないよ」と判定されたことになる。

   吉見の成績がどれほど素晴らしかったか、過去20年(1992年~2011年)のMVP投手の成績を見れば一目瞭然である。セはその間に5投手が獲得。吉見をしのいだのは勝利数で20勝の阪神・井川慶(2003年)と19勝の中日・野口茂樹(1999年)。94年の巨人・桑田真澄は14勝での受賞だった。防御率1点台はだれもいない。パを見ても優勝チームから選ばれた投手はすべて勝利、防御率で吉見に及ばない。日本ハムのダルビッシュ有は二度獲得しているが、いずれも15勝である。

記者が試合の終盤だけを注視するのは不公平

   選手にはランクがある。投手の場合、まず長いイニングを投げることのできる優秀な順から先発陣に入る。どのチームも5~6人を厳選する。先発投手は最低5イニングを投げきらなければ勝利投手の権利を得られない。それ以降の投手は打者1人をアウトに取れば勝利投手になれることがある。先発投手が頑張らなければ試合を壊してしまう。

   浅尾の好成績は認めるところだが、ローテーションの柱を死守した吉見をしのぐ内容とはいえない。1位投票であれだけ差がつくというのはとても理解できない。試合の終盤に登板した浅尾の印象が強かったことは分かる。とりわけ中日は接戦が多かったのでより強調されたのだろう。吉見は力で三振を奪うタイプではないので目立たなかったかもしれないが、投票者は試合全般を見て判断するのが役目だろう。大詰めだけを注視するというのは公平ではないと思う。

   今シーズンの成績で選考されなかった吉見は気の毒としかいいようがない。MVP発表の日は、横浜ベイスターズを買収したDeNAのプロ野球参入が決まったタイミングで、ニュース価値はそちらが主で、投票についてはほとんど問題にされなかった。自社の記者が投票したのだから平常事態でも疑問の声をあげたかどうかは分からないが…。

   吉見がいなければ中日は優勝できなかっただろう。それは落合博満前監督がもっとも知っているはずだ。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中