江夏豊氏が辛らつなツイート 「メジャーで失敗したら選手としてカス」

印刷

   メジャーリーグ行きを決めるプロ野球選手が続出するなか、野球解説者の江夏豊さん(63)がツイッターで辛らつな言葉を投げかけている。「メジャーでの失敗は、選手として『カス』になったということ」と断じ、メジャーに挑戦することに対する覚悟を求めており、メジャーから日本球界に戻って来てしまうケースを批判している。

   2011年秋の日本球界は、青木宣親選手(ヤクルト)、ダルビッシュ有投手(日本ハム)、中島裕之選手(西武)、岩隈久志投手(楽天)、和田毅投手(ソフトバンク)、川崎宗則選手(同)など、メジャーリーグ挑戦を表明する選手が続出している。

メジャー挑戦には退路を断つ覚悟が必要

   江夏さんは、このような状況に対して思うところがあるようで、2011年12月25日夕方、

「メジャーリーグに挑戦する選手が、今年は特に多いけど、とりあえずワシの感想をつぶやいとくよ」

と切り出した。

「『夢』だったメジャーリーグ、と言って代理人を通じて、入団交渉するのは、決して悪くないと思うけど、もし失敗した場合だな、『日本のプロ野球に戻ればいいや!』なんて甘い考えがある選手は、やめた方がいいな」

と、メジャー挑戦には退路を断つ覚悟が必要だと力説。

   その上で、

「骨をうずめるつもりでいかにゃ。第一日本のプロ野球、そんなに甘くないよ。メジャーでの失敗は、選手として『カス』になったということを、自覚せんといかんな」

と、メジャーでの失敗が致命傷になりかねないと指摘した。

日本球界Uターン組は成績不振

   なお、この「カス」という言葉は、単純に「カス」と罵倒する意図だと思われるが、メジャーで燃え尽きて「燃えかす」になってしまうことを指している可能性もないことはない。

   一度はメジャーリーグで活躍したものの、最近日本球界に復帰した選手の例としては、松井稼頭央選手(西武→メッツ→ロッキーズ→アストロズ→楽天)や城島健司選手(ソフトバンク→マリナーズ→阪神)が知られているが、両選手とも帰国後は不調が続いている。

   その上で江夏さんは、

「日本NPBが3年間は、復帰できないなんていうルールを作ったら、簡単にいく気になるやつが、少なくなるかもな」

と、メジャー挑戦へのハードルを挙げるべきだと提言している。なお、江夏さんは西武を退団した1984年にメジャー挑戦を表明。36歳での挑戦は異例なだけに注目を集めたが、結局はメジャー入りできずに引退している。

   江夏さん以外にも、プロ野球選手のメジャー挑戦に批判的な論客として知られるのが、野村克也さんだ。野村さんは、12月上旬に放送されたTBSのスポーツニュースで、

「球団にもお世話になって(いるにもかかわらず)、一人で活躍したような気になって、勝手に日本を捨てて、メジャーに行っちゃう」

と、ダルビッシュ投手らを批判している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中