NHK「平清盛」の視聴率伸ばすには 「エロ化」推進?色気封印?

印刷

   NHK大河ドラマ「平清盛」の視聴率を上げるため、過激な「濡れ場シーン」をもっと登場させるのでは、などといった見方が流れている。一方で、第1回放送で割に際どいシーンを採用したものの、視聴率に結びつかなかったためこうした路線は封印する、という報道も出ている。いったいどちらが本当なのか。

   「平清盛」は第1回放送の視聴率が17.3%という大河ドラマ歴代ワースト3となった。以降も上昇の気配はなく、ビデオリサーチ調べによると2012年1月29日放送の第4話は 関東地区では17・5%、関西地区では15・7%だった。

際どいシーンをいくつも予定?

   週刊誌「週刊実話」(12年2月2日号)によれば、第1回放送後にNHK上層部がドラマ制作担当管理者に対して異例の通達をしたのだという。この話がどこまで本当かは定かではないが、「大幅な脚本の手直し」で、「お得意のエロ化路線を採用した」のだとするNHK職員のコメントなるものが掲載されている。

   鳥羽上皇を巡る得子と璋子の女の闘いのほか、平清盛が初体験するシーン、常盤御前を愛人にする展開など際どいものがいくつも用意されている、というのだ。

   しかし、「日刊ゲンダイ」(12年1月21日付け)には真逆のことが書かれている。NHKは情報番組「あさイチ」やドラマ「カレ、夫、男友達」を代表に「エロ化路線」を進めてきたものの、視聴率が伸びなかっただけでなく、NHKのイメージをダウンさせた。「平清盛」第1回でも、白河法皇のセクハラシーンなどを盛り込んだものの視聴率が取れなかったため「エロ路線が打ち止めに」なり、これからはNHKらしさの徹底や原点回帰を進めることになる、というのだ。

「今後の展開を楽しみにして下さい」とNHK

   ネットでは、NHKドラマにもある程度のエロチックなシーンが欲しいし、「平清盛」がエロくなるなら絶対見る、といった意見や、

「家族で見てるから、濡れ場シーンとかあると変な空気になるからやめてほしい」
「作っている側が歴史をよく知らなくて、なおかつ日本の歴史に愛情がないから、面白いわけない」

などと、視聴率が伸びないのはエロ路線とは関係ないと考えている人もいる。

   本当のところはどうなのか、NHK広報局広報部に話を聞いてみたところ、

「清盛以外にも彼を取り巻く、様々な人間の感情、生き様をしっかり描いていきます。是非、今後の展開を楽しみにして下さい」

という返答で、どうやら番組を見て確認をして欲しい、ということのようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中