台湾で日系タレントに非難の声 「運転手を暴行した日本人を擁護した」

印刷

   台湾で活動している日台ハーフのタレントMakiyoさん(27)が、タクシー運転手を暴行した日本人男性を擁護したとして、台湾国内で非難の声が高まっている。現地メディアでは、対日感情が悪化しているとの指摘も出ている。

   Makiyoさんは横浜市出身で、2012年2月3日未明に、東京・六本木でクラブなどを経営する知り合いの日本人男性(34)らと台北市内でタクシーを利用した。

暴行巡り、運転手側と主張に食い違い

この格好も反感呼んだ?
この格好も反感呼んだ?

   現地メディアなどによると、男性はタクシーを降りる際に、運転手男性(55)の言動に腹を立て、殴る蹴るの暴行を加えた。運転手は病院に運ばれ、脳出血とろっ骨骨折の重傷だという。

   ほかに台湾人の女性タレント2人もタクシーに同乗しており、4人は、そのままタクシーを乗り換えて宿泊先の高級ホテルに戻った。しかし、別のタクシー運転手が暴行の場面をビデオに撮っており、ホテルまで追跡されて、暴行した日本人男性は傷害の疑いで逮捕された。その後、保釈金約12万円で保釈されたが、出国は制限されている模様だ。

   この事件が報じられると、Makiyoさんと男性は4日、弁護士を交えて現地で記者会見を行った。

   暴行を受けた運転手側は、Makiyoさんに後部座席でも義務づけられたシートベルトをするように求めたのに拒否され、停車したことに怒った男性に暴行されたと主張している。これに対し、Makiyoさんらは会見で、当時は泥酔状態だったとし、運転手の言葉遣いが悪く、Makiyoさんの胸を触ってきたためだと説明、言い分は食い違っている。

   ところが、台湾のネット上などでは、Makiyoさんが暴行した男性を擁護していると批判が相次ぐ騒ぎに。会見時に、左肩を露出させた服を着ていたことも反感をあおったとの見方もある。Makiyoさんは、騒ぎに気づいたのか、翌5日には、病院に足を運んで運転手の家族らに謝罪し、胸を触られたことについても、泥酔して記憶がないと発言を変えた。

交流協会は「事実関係を調査中」

   台湾のテレビでは、タクシー運転手が撮った暴行シーンなどのビデオが繰り返し流されている。

   遠目にしか分からないものの、日本人男性らしき人物は、運転手を追いかけ、地面に倒して足で踏みつぶすような動きをしていた。そして、その横で髪を振り乱しながら加勢するような女性の姿が映っていた。現地メディアによると、この女性がMakiyoさんで、タクシーのドアを蹴るなどしていたとの目撃情報も報じられている。

   別のタクシーに乗り換える様子などからすると、4人はそれほど酔っていなかったようにも見える。

   この事件で、台湾の人々の対日感情が悪化しているとも伝えられており、一部では、タクシー運転手が日本人の乗車を拒否しているとの情報もある。台湾の人々は親日と言われ、震災でも多額の義援金が集まっていただけに、今後について心配する声も出ているようだ。

   台湾と民間レベルの交流を担う財団法人交流協会の東京本部では、事件について、台北事務所が事実関係を調査中だとした。「加害者は日本人ですので、当局と連絡を取りまして、必要なことをやっています」(総務部)。対日感情悪化の可能性については、「日本人のタクシー乗車拒否などの直接的な話は聞いていません。様々な報道があるのは承知しており、関心を持ってみています」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中