小泉進次郎氏、しゃべりで「首相負かす」 民主党の「痛いところ」やんわり批判

印刷

   自民党の小泉進次郎衆院議員(30)が国会で、医療費問題に関する野田佳彦首相(54)の「民主も自民もお互い様」と言わんばかりの答弁を逆手にとる形で、民主党の一貫性のなさをやんわり批判した。

   インターネットのツイッターをみると、小泉氏の切り返しについて、「親爺(小泉純一郎元首相)そっくり!」「しゃべりがうまいね」といった声が上がっている。野田首相も弁舌がうまいことで知られるが、「野田首相は小泉氏に負けた」と話す政治評論家もいる。

首相「与党になって見えてくる風景もある」

小泉進次郞議員が国会で質問にたった。
小泉進次郞議員が国会で質問にたった。

   小泉氏は2012年3月6日の衆院予算委員会で質問に立ち、70~74歳の医療費窓口負担の2割への引き上げがかつて決まったものの、「1割のまま凍結」状態が自公政権時代から続いていることを取り上げた。民主党政権も引き上げ実施を検討したが見送っている。

   小泉氏は、「つらい」「厳しい」話をする必要があるとして、2割への引き上げを主張した。世代間の不公平感是正に強い関心があるようだ。

   答弁に立った小宮山洋子・厚生労働相らは、個人的には2割引き上げに賛成だが、慎重論の前に今回の「大綱」では実現できなかったという趣旨の話をした。

   これに対し小泉氏は、過去の議事録を確認したところ、野党時代の民主党は、「今と全く違う」主張をしていたと指摘した。

   「1割で凍結」を決めた自公政権に対し、批判するどころか「1割を維持しろ」「(引き上げは)高齢者いじめだ」と言っており、「2割へ引き上げたい」とする先の2人の大臣答弁と「全く違う」というわけだ。

   この「矛盾」について聞かれた野田首相は、「与党になって見えてくる風景もある。野党になって見えてきた風景もある」と答えた。民主党も自民党も互いに立場が変わったことで、主張がある程度変化しても仕方ない、お互いさまではないか、と言っているようにも聞こえる。

「野田首相は小泉氏に負けている」

   首相はさらに、「(民主、自民は)互いに風景や見えているものがだいたい近付いている」と述べた。

   先には、消費税増税自体には反対ではない自民党の谷垣禎一総裁と野田首相との「極秘会談」が各紙で報じられたばかりだ。消費増税の法案成立への協力の見返りに衆院を解散する話をしたのではないか、との見方も広がっている。

   「極秘会談」報道を踏まえると、野田首相の国会答弁は、「意味深」だ。

   しかし、小泉氏は首相の「見えている風景は近い」論には応じず、むしろ逆手に取り、

「私もいつか、与党の風景を見た時、野党の時と違うことを言ってはいけない」「与党になったら『風景が違う』というのは、やめなくてはいけない」

と、「野党だったから」を言い訳にした形の首相答弁を間接的に批判した。

   小泉氏は2009年初当選で、与党を経験していない。

   2人のやりとりについて、産経新聞は「小泉進次郞氏、『言い訳』首相にピシャリ」と見出しを付けて報じた。

   ツイッターでは、「この方父親譲りでしゃべりが上手いね」「谷垣さんより党首っぽい」といった反応が多く並んでいた。話しぶりではなく、内容については「信念ないのは(民主、自民も)どっちも同じ」という反発の声もあった。

   元毎日新聞記者で政治評論家の板垣英憲氏にきいてみると、

「答弁全体をみても、野田首相は小泉氏に負けている」

との答えだった。野田首相の「違う風景」論は、マニフェストが達成できていない言い訳に他ならず、小泉氏から「痛いところを突かれた」形だ。

「父親(純一郎元首相)の話しぶりが身についており、批判をするときもやんわりと、年長者への敬意を残しながら攻めている」

と評した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中