菅氏「幹部は死んだっていい。俺も行く」 原発事故、東電乗り込み時発言

印刷

   福島第1原発事故で緊迫していた2011年3月15日未明、菅直人首相(当時)が東京電力本店に乗り込んだ際、「60(歳)になる幹部連中は現地に行って死んだっていいんだ。俺も行く」などと発言した詳細な記録を東電が残していたことが分かった、と共同通信が2012年3月15日、報じた。

   記録によると、菅氏は本店乗り込み当時、「被害が甚大だ。このままでは日本国滅亡だ」などと発言したという。

   2012年3月14日には、国会の事故調査委員会で、菅氏の乗り込み時の映像(音声なし)があることが公表された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中