NHKツイッターは健在 半日ぶりにツイート復活

印刷

   北朝鮮の女性アナウンサーを連想させるエイプリルフールのジョークで批判を受け、謝罪に追い込まれたNHK広報局の公式ツイッターが2012年4月3日午前、半日ぶりにツイートを再開した。同アカウントは、2日21時前に

「まもなく21:00です。私はこれで失礼いたします。それではさようなら。<(_ _)>」
「えーっと、その、さようなら。<(_ _)>」

と意味深なツイートをしたのを最後に12時間以上ツイートがなかったことから、ネット上では「辞めさせられたのでは」といった見方も出ていた。だが、3日の11時前には

「NHK_PR 1043号が10:44をお知らせいたします!(キリッ」

と、ツイートを再開。絵が下手なことで知られる歌手、はいだしょうこさん(33)を念頭に置いた

「そのアイコンを描いたのはしょうこお姉さんですか?」

という利用者からの質問には

「彼女には無理」

と応じる余裕もあるようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中