宝くじ1等540億円ミステリー 何人もが「当たった」と主張

印刷

   1等賞金約6億5600万ドル(約540億円)という巨額の宝くじ当せん金が「宙に浮く」という異例の事態が米国で続いている。当たりくじを買ったと主張する人が次々に名乗り出てきているものの、どういう訳か「当たりくじ」を公開しようとする人はいないのだ。

当たりが確認されたのは3枚

   巨額の当せん金が出たのは、「メガミリオンズ」と呼ばれる宝くじ。1枚1ドルで、1~56の数字から5つ、1~46の数字から「メガボール」と呼ばれる数字1つを選ぶ。3月30日の抽選では、「2、4、23、38、46」とメガボール「23」を書いた人が1等に当せんした。当たりが確認されたのは3枚で、それぞれイリノイ、カンザス、メリーランドの3州で1枚ずつ販売された。当せん金も3等分されるが、それでも1人当たり2億1900万ドル(180億円)だ。

   特に騒ぎが広がっているのが、メリーランド州だ。当たりくじは、同州のボルチモア市にあるセブン-イレブンで販売されたことが明らかになっているが、現時点で2人が当せん者として名乗り出ている。

   ひとりが、マクドナルド従業員のメルランデ・ウィルソンさん(37)。ウィルソンさんは、複数の同僚とお金を出し合って宝くじを購入したため、同僚は「当せん金をひとりじめしようとしている」として反発しているが、ウィルソンさん側は「同僚と買ったのとば別に、個人で買ったくじが当たった」などと主張している。だが、4月4日に弁護士をともなって会見した際には何も説明せず、弁護士は「当たったくじを見た訳ではない」などと言い出す始末。本当にウィルソンさんが当選したかは明らかではない。

   もうひとつが、リンダ・ボボさん(64)のケース。息子のマイケル・ドロネットさん(43)が買ったくじが当たったとしてメディアに登場したが、結局はボボさんの勘違いだったことが明らかになっている。

メリーランド州では9月28日までに名乗り出ればいい

   抽選結果が発表されてから1週間近く経っても当せん者が確定しないのは異例で、カンザス州の運営団体も

「当せん者の噂は聞いているが、誰も連絡してこない」

と困惑している。

   ただし、「焦る必要はない」というのが運営団体の見方だ。カンザス州では2年以内、イリノイ州では1年以内、メリーランド州では9月28日までに名乗り出れば良いからだ。また、カンザス州とメリーランド州では匿名のまま当せん金を受け取ることができるが、イリノイ州では身元を明らかにする必要がある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中