ジブリ「紅の豚」放送中、ツイッター盛り上がる ジーナ役・加藤登紀子が「つぶやき」参戦

印刷

   スタジオジブリの名作アニメ映画「紅の豚」が日本テレビ系で放送された際、テレビを見ながらネットのツイッターで感想を述べ合っていたファンらが大興奮する出来事が起きた。

   ヒロイン「マダム・ジーナ」役の声を担当したシンガーソングライターの加藤登紀子さんが、放送時間帯に自身のツイッターで作品について、つぶやき始めたのだ。

「加藤登紀子さんも観てるとは…!」

   「紅の豚」は1992年のスタジオジブリ作品。世界大恐慌時のイタリア・アドリア海を舞台に飛行艇乗りの男・ポルコの生き様を描いた物語で、「男のロマンが詰まっている」と、熱烈なファンも多い。2012年4月6日夜、「金曜ロードSHOW!」で放送された。

   放送を楽しみにしていたファンらは、番組が始まるとさっそくツイッターで、

「ポルコー!」「男の夢だよな」

などと盛り上がった。マダム・ジーナと、もうひとりのヒロイン、フィオ・ピッコロのどちらが好きかを巡る意見交換も熱を帯びた。

   そんな中、放送開始から約30分後、「飛ばねえ豚はただの豚だ!」というポルコの名台詞とともに加藤さんがツイートを始めた。

   するとファンの間で、

「加藤登紀子さんも観てるとは…!」「待ってました!」

と驚きを交えた多くの反応が行き交った。

   加藤さんはツイートを続け、自らに魔法をかけて豚の姿となり、イタリア空軍から去ったポルコについて、

「ファシストになるより豚のほうがましだ。わかる?この時代背景。ムッソリーニが登場してからのイタリア。ポルコはいうなれば脱走兵。秘密警察の尾行を巻いて、、」

と熱く語った。

「ははは!さあ、どう答えようかしら」

   また、自身が演じた「ジーナ」については、

「宮崎さん曰く。どんな時も男を奮い立たせる美しさと、いざとなったら助けにいける実力を持ってる!男にとってチョット虫がよすぎるんじゃない??って思うけど!」

と辛口コメントを書き込んだ。

   エンディング・テーマ「時には昔の話を」が流れた後も、盛り上がりは止まない。

   ポルコの魔法がジーナではなくフィオのキスで解けた理由を尋ねられると、

「ははは!さあ、どう答えようかしら。出会い頭でパンチがきいたんでしょ?これ、恋の秘訣!」

と答えた。

   加藤さんは、30回程度つぶやきながら、フォロワーたちと「一緒」に映画を鑑賞した。

   同作はこれまでにも何度かテレビで放送されてきたが、ツイッター上に『スペシャルゲスト』が登場したことで、いつも以上に楽しんだファンも多かったのかもしれない。加藤さんのツイッター「参戦」について、驚いている声が多かった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中