「ネズミ野郎!」と北朝鮮が「激怒」 「通告」の「特別行動」はサイバーテロか

印刷

   ネズミ野郎!――ピンクのスーツ姿の女性アナウンサーが、声を張り上げた。北朝鮮の朝鮮中央テレビで、「逆賊一味」などと韓国の政権やメディアを罵倒した。北朝鮮人民軍最高司令部の「特別作戦行動小組」が発表した「通告」内容だ。

   韓国に対し、「今までにない特別な手段」で「3~4分以内で焦土化する」などと警告している。具体的な表現も使っており、従来何度も使われてきた「火の海」発言からさらに踏み込んだ印象がある。「今までにない特別な手段」とは何なのか。

「焦土化してしまう」

4月の「ミサイル」発射時に公開された「管制室」の様子。
4月の「ミサイル」発射時に公開された「管制室」の様子。
「朝鮮語が分からなくても、女性アナウンサーが怒っているのは伝わってきますね」

   2012年4月23日の朝鮮中央テレビの映像を見て、24日朝の日本のワイドショーではこんなコメントも出た。

   北朝鮮の女性アナウンサーは、激しい調子でまくしたてていた。

「(李明博政権に対し)わが革命武力の特別行動がまもなく開始されることを知らせる」
「逆賊一味の挑戦を壊滅させる」「特別行動は、千万の軍民の聖戦だ」
「特別行動が始まれば、3~4分またはそれよりも短い時間で、今までにない特別な手段と我々式の方法で、すべてのネズミ野郎と挑発の根源を焦土化してしまう」

といった調子だ。

   北朝鮮が先日行った故金日成主席生誕100年の記念行事について、韓国の李大統領が行事資金で北朝鮮住民の食料を買うべきだと、講演で批判したことに特に反発している。韓国の市民団体が、主席の孫である金正恩党第1書記の写真や絵を侮辱したとも怒っている。

   大統領周辺だけでなく、韓国「保守」メディアにも「逆賊だ」と矛先を向けている。あす4月25日は、北朝鮮人民軍の創建80周年の記念日で、「特別行動」との関連も指摘されている。

北朝鮮のサイバーテロ能力は「脅威」

   「通告」に出てきた「特別行動」とは何を意味するのか。短距離ミサイル発射か、大統領府などに対するテロ攻撃か、サイバーテロなのか。単なる脅しに終わるのか――。

   ミサイルについては、人工衛星と主張する事実上の長距離ミサイル発射を4月13日に失敗したばかりだ。その後、米朝合意を破棄し、核実験の準備を進めているが、核実験は過去にも実施されており、「今までにない」手段ではない。

   韓国大統領府(青瓦台)への北朝鮮ゲリラ部隊突入事件は、1968年に起き、失敗に終わっている。

   2010年には、韓国・延坪島を突如砲撃し、民間人ら4人が死亡した。同島周辺海域で韓国軍が行った射撃訓練への「報復」とされる。

   短距離ミサイル攻撃を含めた軍による局地的な挑発も想定されるが、局地戦は、全面戦争への拡大に歯止めがかからない危険性をはらむ。

   サイバーテロはどうか。米軍高官数人は、3月末の米下院公聴会で、北朝鮮がサイバーテロを実施する「実力」について、米国などに対し「脅威」になっているとの認識を示しており、現実味はある。

   韓国の聯合ニュースは4月23日夜、韓国軍が、北朝鮮によるテロ攻撃やサイバー攻撃の可能性などに備え、「特別点検を行い防備態勢に入った」とする「軍関係者」情報を伝えた。

   一方、韓国の中央日報は4月24日朝、「通告」の主体が、軍最高司令部などではなく、最高司令部の「特別作戦行動小組」だったことを指摘し、「発表の格は落ちる」「重みは落ちる」との分析を報じている。

   韓国政府もソウル市民も冷静に受け止めている、と報じられているが、北朝鮮では、李政権に抗議する15万人規模の集会を4月20日に開くなど反発を強めている。今回の激しい「通告」が「口先だけ」に終わった場合、北朝鮮国内の不満が高まる可能性もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中