アンタ柴田なぜ今「不倫」報道を認めた? 無期限休養の説明が不足とネットは批判

印刷

   お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣さん(36)がラジオ番組の生放送で、かつて長期休養した原因は、週刊誌報道されたとおり「女性問題だった」と告白した。2011年1月に芸能界復帰した時には女性問題ではなく病気のためだったと説明していた。

   ただし、どんな問題が起きたのかの説明はなく、ネットでは再び、芸能界引退に追い込まれるほどの女性問題は何だったのか、といった「疑問」が噴出している。

休養理由がグレーのままでは耐えられない

   柴田さんは10年1月から体調不良を理由に無期限休養に入った。そして10年11月末には体調が回復したとして復帰を宣言。11年1月から芸能界にカムバックした。

   日刊スポーツは10年2月3日付けで、休養は女性トラブルが原因とみられ

「柴田さんと所属事務所は、契約解除に向けて話し合い中」

などと書いた。

   「週刊女性」(10年3月2日号)は、「柴田はテレビ局からクビを切られた」と報じた。不倫相手が警察に、

「危険を感じる脅迫めいたメールが1日30回近くも送られてきて怖い。命を狙われ殺されかけた」

と相談したことがわかり、所属事務所が各テレビ局に説明と謝罪に回ったが、各局は激怒したのだという。同誌も「解雇もありえる」と書いていた。

   柴田さんが芸能界復帰後、初めて報道陣の前に姿を現したのが11年7月6日。この時も休養の理由について不倫ではなく、病気が原因だったと答えていた。

   そんな柴田さんがパーソナリティーを勤めるTBSラジオ番組「LINDA!~今夜はあなたを ねらい撃ち~」の12年4月23日放送でいきなり、

「週刊誌に載っていたように、女性問題を引き起こし長期休暇となった」

と告白した。休暇期間は約1年、復帰してから1年半ほどが過ぎていて、休暇した原因がグレーのままだったことに耐えられなくなり打ち明けることにしたのだという。

「担当者は外出中」と所属事務所

   ただし、暴力沙汰はなかったし、警察のご厄介にもなっていないと説明。

「全部クリアになって、きれいな形になって、こうやって戻ってきた」

と話した。これからは自分に対し、女性問題を起こしたタレントとして弄ってもらってもかまわない、とした。この番組は生放送で、所属事務所の社長も立ち会っているとの柴田さんの説明から、満を持しての告白だったことがわかる。

   ただし、話した内容はこれだけで、実際どんな女性トラブルがあったのかの説明は一切なかった。ネットではこれでは説明になっていない、などと怒っている人もいる。また、警察沙汰にもなっていないのなら、なぜ無期限休養しなければならなかったのか、解雇の噂が出るまでになったのかなどについて「不倫相手がヤバイ人間と絡んでいたに違いない」などといった様々な噂が再び飛び交う事態になった。

   なぜこの時期に長期休養の真相を語ったのか、どんな女性問題だったのかについて所属事務所の人力舎に問い合わせてみたが

「担当者は外出中で戻らない」

ということだった。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中