「早すぎるとは思わない」 石川遼、連載コラムで婚約への思いを語る

印刷

   プロゴルファーの石川遼選手(20)が2012年5月10日付の朝日新聞で、婚約への思いを明かした。石川選手が婚約についてメディアで詳しく語るのは初めてとみられる。

   石川選手の「婚約」は4月8日に日刊スポーツのスクープで明らかになった。その後、石川選手自身がマスターズ・トーナメント終了後の記者会見で、中学時代の同級生と3月に婚約したことを明らかにしていた。

「結婚するならこの人しかいないと思った」

   石川選手は朝日新聞で、「もっと遠くへ」というタイトルの連載コラムを持っている。5月10日付けのこのコラムで「婚約」までの経緯などを詳しく語った。

   それによると、2007年のマンシングウェアオープンKSBカップでアマチュア優勝を遂げてから、自分の結婚は早いか一生しないかのどちらかだと感じたという。そして20歳での婚約に「若すぎる」という人が少なくないことを受けてか、「僕の中では『結婚するならこの人しかいない』と思っていました。今後の人生をずっと一緒に過ごすのであれば、早すぎるという理由で2、3年、結婚を遅らせることにあまり意味を感じません」と語っている。

   相手の両親がどう思っているかは気がかりだったが、中学校が一緒だったこともあり母親同士の仲が良く、両家での話し合いもスムーズに進んだという。

   石川選手は彼女と過ごす時間が「ゴルフから離れられる時間で、悔しい気持ちや疲労を忘れさせてくれます」と言うが、「これから2人の生活は楽しいことばかりではありません。僕の成績が悪ければ、彼女もきっとつらい思いをするでしょう。彼女の人生も背負わなくてはならないという点では、今まで以上に大きな責任を感じています」と気を引き締めている。そして、「プロゴルファーはツアーを転戦し、家を離れることが多い職業。それだけに、家族との時間を大切にする米国選手のように、僕も家庭生活とゴルフの両立を目指していきたいと思っています」と締めくくった。

もう女性関係にショックを受けるファンはいない?

   石川選手と婚約者の女性との交際が明らかになったのは2011年10月だ。マネジメント会社の「ケーアイ企画」がマスコミ各社へのファクスで、「現在、石川遼にはお付き合いしている女性は存在しますが、二人のためにも、またスポンサー企業様や競技関係者等へのご迷惑を避けるためにも、関係各位には温かく見守っていただければと存じます」と発表した。

   発表時はショックを受けた、複雑な心境になったという女性ファンもいたようだが、婚約が報じられた際は「幼馴染なんて微笑ましいじゃないか」「芸能人や女子アナとくっつくより好感持てる」と好意的に見る人が多かった。今回の連載記事を読んだ人も、

「読むとホントお若いのにしっかりしているなぁ~と思います。あっぱれ!」
「プロになっていろんなことがあったけど彼女がいてくれてよかったと思ったよ 歳を重ねると親のことやしがらみやいろんな知識が増えるからなかなか結婚へも夢へも踏み出せなくなるし」

とインターネット上で書き込んでいる。ファンは温かく見守っているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中