関東3県水道水からホルムアルデヒド なぜ汚染源特定できないのか

印刷

   関東の水道水を汚染したホルムアルデヒドについて、その発生源の特定が難航している。ほとんど絞り切れておらず、ネット上では、様々な憶測が流れているほどだ。

「東京都の水道も汚染されていましたし、その流れた量が半端じゃないんですよ」

ネット上では、根拠のない様々な憶測

   関東3県で取水停止になり、千葉県では約35万世帯が2日間も断水する騒ぎになったことについて、汚染源を調べている埼玉県の水環境課では、こう明かす。

   埼玉県では、汚染された利根川水系の最上流にある烏川に、発生源がある疑いを持った。そして、2012年5月19日に群馬県に協力要請に踏み切った。これを受けて、群馬県はこの日、烏川流域の7か所で、水道水に使う塩素を添加して生成するホルムアルデヒドを調べ、その結果を翌20日に発表した。

   しかし、いずれも水道水としての国の基準値1リットル当たり0.08ミリグラムを大きく下回った。同時に、流域にある高崎市の化学メーカー工場で、ヘキサメチレンテトラミンの排出水も調べたが、塩素添加で生成されるホルムアルデヒドは、群馬県の条例で定められた排出基準を10分の1以上下回った。

   そこで、群馬県では、烏川流域が汚染源とは言い切れないとして、ほかの流域にも広げて20日から5地点で1日1回の定点観測を始めた。とはいえ、21日も特に異常は見つからず、発生源を絞り込めていないままだ。現在は、環境保全課で、ヘキサメチレンテトラミン排出を国に届け出ているほかの2社に立ち入り検査することなどを検討している。

   煮え切らない状況に、ネット上では、根拠のない様々な憶測が飛び交い始めた。

化学メーカー工場から原液が漏れた?

   行政や企業が何か隠蔽しているのではないかという疑念が出たほか、中には、原発事故による放射能の影響に違いないとのうがった見方を披露する人まで現れた。

   これに対し、埼玉県では、流れた量が多く不法投棄レベルを超えているため、化学メーカーの工場から何らかの形で原液が漏れた可能性が大きいとみている。そのうち、ヘキサメチレンテトラミンを排出している企業を最有力に考えた。それは、2003年11月にホルムアルデヒド汚染が広がったとき、県内の排出企業に原因があることが分かったからだ。

   しかし、今回は汚染源が絞り切れず、調査対象を県内の利根川流域にまで広げることにした。そして、ヘキサメチレンテトラミン排出を国に届けている3社の立ち入り検査を予定するなど、様々な企業を幅広く調べる検討を始めた。

   ただ、塩素を加えなければ無害とされるヘキサメチレンテトラミンなどには、まだ排出基準がなく、今後も同様な汚染問題が持ち上がる可能性がある。そこで、埼玉県では、水質汚濁防止法にヘキサメチレンテトラミンなどの規制を加えてもらうことを国に要望したいとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中