全高約6メートル、龍の模様 中国に「本物」の巨大ガンダム像

印刷

   中国で行われるアニメイベントに巨大ガンダム像が登場する。中国でガンダムといえば、著作権を無視したいわゆる「中華ガンダム」だが、今度は本家の「公式」ガンダム像で、日中双方のネットで話題になっている。

   ガンダム像が登場するのは2012年7月12日から16日まで上海で開催される大型アニメイベント「第8回中国国際動漫遊戯博覧会」。

脚と肩に「龍」のデザイン

上海に登場するガンダム像のイメージ画像 (C)創通・サンライズ
上海に登場するガンダム像のイメージ画像 (C)創通・サンライズ

   全高約6メートルの巨大像で、漫画「中国版・機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」を中国の漫画誌に連載している「北京顔開文化発展有限公社」がカラーリングデザインを担当した。

   ガンダムの作中での型式番号は「RX-78-2」として知られているが、中国に登場するのは特別版の「RX-78-2 GUNDAM SPECIAL EDITION」。基本的なデザインは通常のガンダムと同じなのだが、まず、左脚部と右肩部にグレーで龍のような模様が入っている。そして左肩部にははっきりとした大きさで「龍」の文字が。龍は中華民族の象徴だ。このデザインをモチーフにしたガンプラも中国で発売される。

   中国のガンダムといえば、2010年から11年にかけて話題になった「偽ガンダム」像だ。四川省の遊園地に登場した著作権無視のものだったが、稚拙な造形と無茶苦茶なカラーリングで注目を集めた。

   今回は中国で初の公式ライセンスガンダム像ということで日中双方のネットで話題になっている。

「どうせ偽ガンダムみたいになるんでしょ」

   日本のツイッターや2ちゃんねるでは「またパチモンか?と思ったら本物だったでござる」「これいってくるわ!」「意外とちゃんとしてた」といったものが多い。また、ガンダムシリーズにはドラゴンガンダムなど、中国人キャラクターが操縦する機体があるが、「せっかくなんだから、ドラゴンガンダムかシェンロンガンダムにしろよw」という声もあった。

   中国のネットでは「上海ガンダム楽しみ!」といった声もあったが、やはり「偽ガンダム」のイメージが強烈だったらしく「どうせ天香2号(偽ガンダム)みたいになるんでしょ?」「天香2号ならいらないから!」という書き込みがある。

   また大きさについて「6メートルって低くない?3分の1のリアルなガンダム」というもののほか、龍の模様についても「何枚かシールを貼っただけか」「龍の模様がある。ヤクザの世界の不良ガンダムだな」といった見方があった。厳しい声も少なくないようだ。

   ただ、まだデザイン画が明らかにされた段階だ。完成すれば6メートルでも結構な大きさだし、かなり見応えのあるものになるだろう。

   バンダイ広報によると、巨大ガンダム像は現在中国、広州の工場で製作している。中国製と言うと少し不安になるが、日本人スタッフが監修しているといい

「過去の背景もありますが、オフィシャルのものを提供することで、現地の人にも本物の魅力と迫力を味わって頂ければ。日本のガンダムと、中国文化の龍が融合しているところが見所です」

と話していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中