「加害生徒が転校先でも暴力」 文科省も把握説は本当なのか

印刷

   滋賀県大津市の市立中学2年の男子生徒がいじめを受け、2011年10月に自殺した問題に関連して、自民党の片山さつき参議院議員が自身のブログに「文部科学省が、加害生徒の転校先での問題行動の報告を学校から受けている」などと書いた。

   「加害生徒が転校した先でも暴力事件を起こしている」という週刊誌報道やインターネット上での噂はあったが、事実かどうかはわかっておらず、このブログが決定打となりそうに思えた。しかし文科省の説明とは少々食い違っており、まだ「確証」とはなっていない。

「加害生徒の暴力事件は文科省も認識」と記述

   片山議員は2012年7月23日に更新したブログで、文部科学省、警察庁の課長クラスとの部会で話し合った内容を報告した。

   それによると、男子生徒の自殺現場や、飛び降りた時の加害生徒らの詳しい状況、遺族から3度被害届を提出されたにもかかわらず受理しなかった理由について、警察庁に納得のいく回答を求めたという。

   そして文科省からは、加害生徒について「一人は12月12日、もう一人は2月3日が転校日で、いずれも転居が理由」「転校先で一人が暴力事件を起こしたことは文部科学省も認識しており、この生徒については、文書ではなく口頭で、問題行動があったことは伝えた、との報告が学校からはあった」という回答を得たと書かれている。

   文科省からの回答の「問題行動」の詳細や、過去のいじめ自殺や校内暴力などの統計は今後改めて説明を求めていく、ということで部会は終わったようだ。

文科省「学校からの報告は受けていない」

   文科省にブログの内容について問い合わせてみると、「週刊誌などで加害生徒が転校先で暴力事件を起こしたなどと報じられていることについては認識していると答えたが、学校から直接文科省に報告があったということはない。今後この件に関して学校や教育委員会などにこちらから事実確認をするという予定もない」とのことだった。片山議員のブログの内容とは食い違っており、暴力事件が事実かどうかはやはりまだわからない。

   片山議員は7月16日にも自身のブログで、滋賀県の自民党関係者や大津市の行政関係者らから「突っ込んだ内情も含めて事情を聞いた」として、「加害者が被害者を突き落とした、殺害したという情報、遺体発見時の状況や搬送された病院が不自然というのは全く事実ではない、ただ酷いいじめの実態はあった。実態解明が遅れたのは加害生徒の父親がPTA会長であったことと無関係ではない。加害生徒の親族が警察に勤めていたのは事実のようだが、捜査に影響があるような立場とは考えにくい。批判を受けていた警察OBは別人」などと書いている。

   インターネット上では「本当か?」「裏は取れているのか?」などといぶかしむ声があり、ブログの内容がそのまま事実として拡散されるような事態には至っていない。しかし片山議員が大津市で話を聞きまわったり、警察庁や文科省から直接話を聞いたりと、真相究明に動いていることは確かなようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中