「CMの合間に競技やってるみたい」 フジの女子マラソン中継に視聴者イライラ

印刷

   フジテレビが放送したロンドン五輪の女子マラソンの中継で、コマーシャル(CM)が多すぎるのではないかと疑問の声がわきあがった。

   レースの前半ではCMが入ったため、日本人選手が一時先頭に立とうと仕掛けた瞬間が生で見られないこともあった。「CMの合間にマラソンをやっているみたいだ」――。インターネット上ではこう揶揄する声が上がっている。

日本人選手の「見せ場」がCMで見られず

   女子のマラソン競技は、日本時間2012年8月5日の19時にスタートした。 最初にCMが入ったのは19時8分ごろで、以後5~10分ごとに約2分間のCMが流れるというパターン続く。19時46分過ぎのCMあけの映像では、先頭集団のランナーたちが既に給水を終えた後で、実際の給水の場面をすぐに録画で流して補っていた。

   その2分後、またもCMに切り替わる。中継に戻ると、それまで集団の中で埋もれ気味だった日本人選手のひとり、尾崎好美選手がグループの先頭に立っていた。このレースで尾崎選手は19位に終わっており、見せ場らしい見せ場はこの時ぐらいしかなかった。視聴者は、強豪ランナーひしめく中で尾崎選手がどのように仕掛けたのか、その瞬間を見逃すこととなってしまった。

   レースも後半に入った20時36分ごろ、ケニアの3選手とエチオピアの2選手を追走していた中国の選手が徐々に遅れ出したタイミングでCMに入った。中継に戻るとキャスターが、「5人を追いかける後ろの選手の姿が、ほとんど見えなくなり始めています」と告げた。CM中に、後続がかなり引き離されてしまったのだ。カメラがとらえるのも5人のランナーだけに変わっていた。

   頻繁に流れていたCMは、21時2分~4分を最後にピタリと止まった。レース終盤の息詰まる展開が途切れないように、という配慮からか、放送が終了する21時51分ごろまでは一切入らなかったのだ。2時間51分の放送時間の中で、CMに費やされたのは約28分、割合にして16%を占めた。最初の2時間だけをとれば、22%程度に跳ね上がる。

   番組を見ていた人は、視聴中から「CMが多すぎる」との苦情をツイッターやインターネット掲示板に書き込んでいた。「肝心の、刻一刻と移り変わる状況がさっぱりわからない」という。CMのないNHKで中継してほしいとの声や、番組に業を煮やして途中でラジオに移行した人もいた。

莫大な放映権料を回収するため「細切れ販売」?

   日本民間放送連盟の「放送基準」では、18時から23時までの間の連続した3時間半を指す「プライムタイム」の標準的なCM時間量が規定されているが、「スポーツ番組および特別行事番組については各放送局の定めるところによる」となっている。五輪のマラソンはこれに該当し、フジテレビ独自の「基準」でCMを流して差支えないようだ。

   ロンドン五輪はフジテレビ以外の民放各局でも放映されているが、CMはどのような扱いだろうか。例えば8月3日、TBSがバレーボール女子の日本―ロシア戦を中継した。第1セット開始から約20分間はCMなし。日本が16対13とリードを奪ってタイムアウトに入ると初めて1分程度のCMが流れた。それから約14分後、ロシアが逆転で第1セットをものにしてから次のCMといった具合だ。同日、テレビ東京で放映された卓球女子団体1回戦では、日米両チームが入場してから福原愛選手が第1ゲームで勝利するまでの約12分間、やはりCMはなかった。

   上智大学文学部新聞学科の碓井広義教授(メディア論)はJ-CASTニュースの取材に、「フジテレビのマラソン中継でのCMは、明らかに多かったと思います」と話す。その裏には放映権料の問題があるようだ。碓井教授によると、NHKと民放各社による放送機構「ジャパンコンソーシアム」が国際オリンピック委員会(IOC)から、2010年のバンクーバー冬季五輪とロンドン五輪の放映権を「セット」で購入したが、支払った額は約325億円に上るという。高騰の一途をたどる金額は近年問題視されているが、テレビ局としては「買わないわけにはいきません」(碓井教授)。

   巨額の費用を回収するため、テレビ局はスポンサーにCMを売ることになる。だが不況が続く国内で、気前よく大金を出せる企業は多くない。そこで、できるだけ多くのスポンサーを探して「細切れ販売」したのではないかと碓井教授は考える。スポンサーが増えれば、番組中に流れるCM数もそれに比例する。

   マラソンはスタートからゴールまで切れ目がなく、競技中にタイミングを見計らってCMを入れざるをえない。クライマックスをノンストップで見せようと、前半に集中的に流したのかもしれないが、今大会不振だった日本人選手が何とか健闘していたのが、その前半だったことも「災い」した。とは言え「フジはほかにも五輪番組はあるはず。CMを入れにくいマラソンであれだけ流すのは、バランスを欠いていたのではないでしょうか」と碓井教授は疑問を呈する。

   実際に今回のマラソン中継は、フジテレビで放送している別のスポーツ特番よりCMが多かったのだろうか。事情を確かめるためJ-CASTニュースはフジテレビ広報に質問を送付したころ、FAXで回答が寄せられた。

   それによると、「CM量は通常のスポーツ中継と比べ特段多いということはございません」との説明だ。視聴者から問い合わせや苦情は寄せられたかとの問いには、「応援メッセージなど頂戴しましたが、その中に『CMが多い』というご意見もございました」とこたえた。また、レース終盤にCMを入れない配慮をしたかとの質問に対しては「生中継のスポーツ番組では、競技の展開、進行を見ながらタイミングを計りCMを送出しております」とのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中