「2世帯プラス単身の兄弟姉妹」が暮らす住宅に注目 大家族でも仲良く、「居場所」大切に

印刷

   親と子どもの家族、それに単身の兄弟姉妹が同居する、「二世帯プラスアルファ」、いわば「2.5世帯」が注目されている。

   同居している単身の兄弟姉妹は「家族の絆」を大切にしていて、ひと昔前の「うるさい小姑」的なイメージはほとんどないのが特色で、ファミリーへの経済的なサポートにも積極的だという。

旭化成ホームズは「2.5世帯」を提案

旭化成ホームズは8月3日にヘーベルハウス「2.5世帯住宅」を発表した
旭化成ホームズは8月3日にヘーベルハウス「2.5世帯住宅」を発表した

   旭化成ホームズは、単身の兄弟姉妹もともに暮らす二世帯住宅の進化型として、へーベルハウス「2.5世帯住宅」を、2012年8月3日に発表した。

   2010年の国勢調査によると、60歳代世帯主の家族では、これまで最多だった「夫婦のみ」に代わり、「親と単身の子ども」と暮らす世帯が最も多くなった。そこで同社が販売した二世帯住宅を対象に世帯類型を調査したところ、親世帯に単身の子供が同居しているケースが2割に達していることがわかった。

   調査では、単身の子どもは84%がフルタイムで働いていて「自立」している場合が多いこともわかった。生活費(75%)や建設費(36%)を負担するなど、金銭的にも豊かで、「第二世帯」の住宅ローンの負担軽減にもつながっている。さらに、「親世帯」の母、「第二世帯」の妻をサポートし、就業率が高まったこともわかった。

   同居している単身者は「家族の絆」を大切にしていて、「自分に子どもがなく、将来に甥や姪に住まいを譲ることになってもほとんど抵抗がない、と考えている人が少なくない」ともいう。家事を分担したり、困った時には助けてもらうなど、お互いにメリットを感じて仲良く暮らしているようだ。

   「2.5世帯住宅」には、全員が集まれるダイニングスペースや同居家族が互いに本やCDをシェアできる空間などを設けている。半面、親世帯の生活空間を通らずとも単身用のマイルームへの動線を確保できるよう工夫するなど、プライバシーにも配慮した。

   東京大学大学院工学系研究科建築学専攻の大月敏雄准教授は

「叔父や叔母がいっしょに暮らすことで、子どもの教育のうえで人間関係を学んだり、二世帯間の緩衝帯になったり、いい影響があります」

と話す。

大家族が集まれる「居場所」作り

   「2.5世帯」ではないが、「大家族」向けの住宅を開発する例はほかにもある。

   パナホームは、もうひと回り大きく、「大家族」が楽しめる二世帯住宅として新たに「つどいえ」を提案している。同社が行った生活者調査の結果では、二世帯住宅をつくってよかったと思う空間は、リビング(44.4%)やダイニング(22.6%)で、世帯間交流ができることを大きなメリットと考えている。

   半面、課題は玄関で収納量が不足していること(70.3%)やリビングが散らかる(40.6%)など、収納量の不足や、世帯間の使用範囲があいまいなことで生じるストレスだった。

   「つどいえ」では、家族の気配を感じながら思い思いに過ごせるオープンリビングや、二世帯で共有のサニタリーも収納スペースは世帯別に設けることで、お互いが気持ちよく過ごせる住まいを提案している。

   2009年4月に、「これからの二世帯住宅」として「ShareWith」(シェアウィズ)を提案した積水ハウスは、「共有」と「分離」のバランスをテーマに掲げた。「家族なので仲良く暮らしたい」という思いが強く、このときすでに約半数のユーザーが玄関やキッチン、お風呂のすべてを共有していたという。

   前出の東京大学大学院の大月准教授は、

「少なくとも、『一世帯=一住宅』の時代は終わりました。0.5世帯の存在を含め、自助的な形での大家族の可能性は増えていくし、それによって住まいも変わっていくのではないでしょうか」

とみている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中