六本木のクラブで男性撲殺 目出し帽集団が暴行

印刷

   2012年9月2日午前3時40分頃、東京都港区六本木5丁目の雑居ビル内のクラブ「フラワー」店内で、友人と酒を飲んでいた藤本亮介さん(31)が目出し帽をかぶった男約10人に鉄パイプのような棒で殴られた。藤本さんは病院に運ばれたが、頭の骨を折るなどして間もなく死亡した。

   朝日新聞の報道などによると、男らは入店してまっすぐ藤本さんの所に向かい、無言で1~2分間暴行し続け、車数台に分かれて逃走した。藤本さんと一緒にいた男性2人は止めようとして殴られたが軽傷で、男らは藤本さんをあらかじめ狙っていたと見られる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中