海保巡視船、尖閣領海に侵入の台湾船団と放水し合う

印刷

   2012年9月25日朝に尖閣諸島の西南西約22キロの領海内に侵入した台湾の漁船や巡視船と、日本の海上保安庁の巡視船が放水し合っていたことがわかった。

   NHKのヘリコプターが9時30分頃撮影した映像では、海上保安庁の巡視船が台湾の漁船に接近して放水する様子、台湾当局の船がそれに割って入り、海上保安庁の巡視船と放水し合う様子が確認できる。

   台湾の船は11時40分頃までにすべて領海から出たが、NHKの報道によると、16時半時点で接続水域にとどまっており、海上保安庁は警戒を続けているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中