指原莉乃さん、衝撃の「超ズボラ」私生活 ファンは温かく見守る

印刷

   HKT48の指原莉乃さん(19)が、テレビ番組で「ズボラ」すぎる私生活を明かした。

   あまりのズボラっぷりに、スタジオにいるゲストや視聴者は衝撃を受けていた。しかしファンはそんな姿も温かく見守っているようだ。

「乾燥機タンス代わり」に男性ゲストも悲鳴

華やかな活躍の裏の私生活は…(11年2月撮影)
華やかな活躍の裏の私生活は…(11年2月撮影)

   指原さんは2012年9月29日放送のトークバラエティー番組「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)にゲストとして出演した。

   自身がビデオカメラを回して自宅の中を公開するというコーナーで、「食にそんなにこだわりがないんですが、唯一好きな食べ物がカップラーメンで、めちゃくちゃ買いだめしてます」という説明とともに、棚にカップめんがたくさん入っている様子が映された。

   これについて指原さんは「とにかくめんどくさがり屋なので、家でご飯を作ろうとか、休みでずっと家の中にいたらちょっと外出ようとか思わなくて、じゃ、ご飯はカップラーメンでいっか、と思って。週5日ぐらいは全然」と説明、スタジオにいたゲストは「えーっ!」と驚きの声を上げた。

   司会の久本雅美さんが「聞いたんだけど、カップめんの汁を捨てるのがめんどくさいから、その汁捨てるんだったら食べないでおこうと思う?」と聞くと、「そうなんです。よっぽどの時は、立つのもめんどくさいから、ご飯いいやって。ご飯食べないです」と話した。

   久本さんが「洗濯とかはどうなの?」と質問すると、「大っ嫌いで、でもたまったらしなくちゃいけないじゃないですか。だから、乾燥機が付いてるんですけど、乾燥機かけて、普通はたたんで(タンスに)入れるじゃないですか。めんどくさいんで、お風呂入ったらそのまま乾燥機から(着替えを)出します」と明かした。さらに久本さんに「Tシャツとかパンツとかブラジャーも?」と聞かれ、「全部そこに入ってます。なんて便利なんだ!と」「発明したから皆さんに早く教えたくて!」とうれしそうに答えた。同じくゲストの西野亮廣さんはアイドルの「ズボラ生活」の実態を知り、「うわぁーっ!イヤだー!」と悲鳴を上げていた。

ファン「毎日疲れてるからものぐさにもなるよな」

   インターネット上には、番組を見ていた人の「大丈夫か、指原!」「乾燥機からそのまま取り出す・立つのもめんどいからご飯いいやの下りに引いた」「アイドルは可愛い生活してると思ったけど男よりひどいんじゃない?笑」と、指原さんの私生活に衝撃を受けたと言う書き込みが並んでいる。一部、「私ものすごくさしこに共感しちゃったw」「昔の私もそうだった!ゼリー食べたいけどスプーンないときとか 洗うのはだるいから 食べない!だったもんね」と、女性からの共感の声もある。

   一方指原さんのファンは、「世の中のバリバリ系の第一線のキャリアウーマンとかだいたいそんな生活ちゃうの?仕事第一で休みもない毎日午前様だったらそら気力も萎えるって」「毎日疲れ切ってるだろうからものぐさにもなるよなあ」など、「ズボラ生活」せざるを得ない忙しさの指原さんに同情的な人が多いようだ。

   なお、指原さんは番組放送前日の9月28日、ブログで夕飯を紹介している。

「電子レンジにご飯をいれ、温める。ちょっと前に流行った食べるラー油をいまさら買ってみたり。刻んでいるネギが売っている今に驚かされたり。ご飯と食べるラー油とネギをまぜるだけ。一口。うまああああいああああああああああいあああああ なんだこれええええええ うっひょおおおおおおおおおおおおおおおお」

と、「ズボラ飯」をおいしく食べていたようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中