秋元康「AKBじゃんけん大会」八百長説を一蹴 「AKB48グループはいつだってガチだ」

印刷

   「AKB48」総合プロデューサーの秋元康さん(54)が、2012年9月18日に行われた「第3回じゃんけん大会」に関して「八百長疑惑」がささやかれていることについて、新聞のコラムに「100%ありえない」と書いた。

   島崎遥香さん(18)が優勝できたのは、他のメンバーと違って腹のくくり方が違っていたからなのだという。

チョキしか出さずに勝ち残り優勝した

   じゃんけん大会は2010年から始まり今回が3回目で、勝ち残った上位16人が新曲を歌うメンバーとなり、優勝した人がセンターに抜擢される。今回参加したのは約230人と多く、上位に入るのはかなり難しい。

   この企画はアイドルとしての人気や実力に関係なく、これまで目立たなかったメンバーにも新曲を歌うチャンスを与えようと始まった。「八百長」の疑惑が出たのは昨年の2回目からで、人気と実力共に備わった成長著しい篠田麻里子さんが優勝し、「できすぎている」と話題になった。

   今回優勝の島崎さんに疑いがかけられたのは、優勝するまでチョキしか出さずに勝ち進んだこと。また、前田敦子さんの卒業後の「次世代センター候補」の位置にあったこと。今年10月に主演映画の公開を控えているなどがあった。

「島崎遥香は、自分だけの正解を持っているように見えた」

   秋元さんは12年9月30日付けの読売新聞日曜版コラムで、じゃんけん大会について、

「そのあまりに出来過ぎた結果に『八百長じゃないの?』という人もいるが、100%あり得ない。AKB48グループはいつだってガチだ」

とした。じゃんけん大会に参加したメンバーの真剣な表情を見れば、真剣勝負以外の何ものでもないことがわかる、という。

   島崎さんが優勝したのは、「腹の括り方」が違っていたのだという。チョキを出し続けて負けたらしょうがないが、自分には運がある、と思っていたからこそチョキを出し続けたのだろう、としている。この「自分には運がある」と思えるかどうかがポイントで、

「島崎遥香は、自分だけの正解を持っているように見えた」

と結んでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中