GACKT「校歌の作詞・作曲」 「脱税疑惑」で依頼取り消し

印刷

   脱税や隠し子の疑惑が週刊誌などで報じられているミュージシャンのGACKTさん(39)が、小学校の校歌の制作依頼を取り消されてしまった。

   脱税疑惑報道後もほぼ変わらぬ活躍ぶりを見せているが、「校歌制作」となると、疑惑が悪影響を及ぼしてしまったようだ。

GACKTファン?の保護者からは反対の声

   GACKTさんが制作を依頼されていたのは、2013年4月に開校する、広島県の久井・八幡地域の4校を統合した小学校の校歌だ。しかし12年10月14日、「市教委がGACKTさんの校歌制作依頼をキャンセルした」と中国新聞が報じたことで、依頼取りやめが明らかになった。

   三原市教育委員会によると、正確に言うと校歌制作をGACKTさんに依頼中で、正式な契約はまだ結んでいなかったという。久井・八幡地域学校統合準備協議会の関係団体に保護者がいて、その保護者がGACKTさんを推薦したことから依頼が決まったという。

   しかし9月に週刊誌などでGACKTさんの脱税疑惑の報道が出た。事実かどうかはわからないが、今後新しい学校で子供たちが夢や希望を歌っていくのに、こうした疑惑が出ている以上お願いするわけにはいかないと思ったそうだ。

   市教委は12年9月下旬、取りやめるという連絡をした。その際GACKTさんの事務所は「それはそうでしょうね」と、やむをえないという反応で、特にこの決定で揉めることはなかった。

   GACKTさんへの依頼を市教委が取りやめたことについては、協議会から特に反対意見などは出ていない。しかしGACKTさんを推薦した保護者は熱烈なファンと思われ、1人だけ大きな批判の声を上げているという現状、とのことだ。なお、次に校歌の制作を依頼する人はすでに決まっているという。

校歌制作キャンセルには言及せず

   GACKTさんの脱税疑惑を詳しく報じたのは、9月6日発売の「週刊新潮」だ。記事によると、東日本大震災の後に募った義援金の一部の行方がわからなくなっているという疑惑があること、ファンクラブの運営金など数億円規模の所得隠しが行われた可能性があることから、8月28日、GACKTさんの自宅マンションや銀行の支店などに東京国税局の査察部が調査に入ったという。

   GACKTさんはこうした報道に対し、9月13日にブログで「ま、正直、『なんだこれ??』と思うことが天こ盛りだ。笑えてしまうほど、悪意も感じる。よっぽど嫌われてるんだな。あははははは。個人事務所って舐められるよなぁ」「自分が良かれと思ってボランティアでやったことでさえ意味不明な誹謗中傷をされる時代。ため息しか出ない」と反論していた。なお、今回の「校歌制作キャンセル」についてはブログ、ツイッターなどでは言及していない。

   GACKTさんは7月から上演されていた、自身が原作、脚本、演出、主演を担った舞台「MOON SAGA -義経 秘伝-」を無事成功させた。現在はテレビドラマ「悪夢ちゃん」(日本テレビ系)に出演しており、11月にはニューシングルの発売も予定している。さまざまな疑惑が彼を悩ませていそうだが、「校歌制作」以外の仕事は相変わらず順調のようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中