「大好きな吉野家に行けない」!? 苦境の野田首相が「庶民派」アピール

印刷

   野田佳彦首相が、民主党衆院議員との会食で「好きな吉野家に今入れず、『牛丼の具』を取り寄せている」と明かした。

   1000円カットを利用したり、「山田うどん」にもよく訪れていたりと、以前から庶民的なエピソードが明らかになっていた野田首相。支持率が一段と低下している時期だけに、ネット上では「また庶民アピールか」など醒めた反応が目だっている。

「通販で牛丼の具を公邸に取り寄せている」

公邸でつつましく牛丼を食べる日もあるのだろうか
公邸でつつましく牛丼を食べる日もあるのだろうか

   野田首相は2012年10月29日夜、当選1回の民主党衆院議員約20人を公邸に招いて会食した。

   10月30日付の読売新聞朝刊には、出席者の話として、首相が「あまり外でご飯を食べると、SPがかわいそうなので、外に行かないようにしている」、「牛丼が好物なんだが、吉野家には今、入れないので、通信販売で『牛丼の具』を首相公邸に取り寄せて食べている」と語っていた、と書かれている。

   涙ぐましい庶民派エピソードに思えるが、この記事を紹介した30日放送の「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)では、「サンデー毎日」編集長の潟永秀一郎氏が「食べたければ(首相を)辞めりゃいいんじゃないでしょうか」と冷たい一言を放ち、スタジオを凍りつかせていた。

「本当の庶民は牛鍋丼を食べるんだよ!」

   野田首相は就任当時の11年9月、1000円カットの美容室「QBハウス」を利用していると話題になった(現在は高級店で散髪していると言われている)。また、実弟がワイドショーのインタビューに「山田うどんや吉野家など、ああいうところが好きですね」とも語っていた。低価格が売りのイタリアンチェーン「サイゼリヤ」にもよく訪れていたようだ。11年10月の資産公開では1774万円で、1989年以降、首相の就任時では過去最少だったこともあり、「庶民派首相」と話題になった。

   しかし、このところ各種の世論調査では首相や民主党に厳しい数字ばかり。インターネット上では、「吉野家」エピソードを聞いて「庶民派をアピールしようとしてるのがミエミエ!庶民は牛鍋丼(牛丼より100円安い吉野家のメニュー)なんだよ!」「テイクアウトできること知らずにこういう庶民に媚びたこと言ってんだろうな」や、「一国のトップなんだから、一流のもの食べて一流の仕事をしてほしい」など、批判的に見る人が多い。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中