夫への仕返しで「人糞をカレーに混入」「歯ブラシで便器掃除」 本当に恐ろしい「鬼女」は都市伝説なのか

印刷

   夫婦仲を冷え込ませる行動や言動をする妻のことを「モンスターワイフ」というらしい。

   しかし、世の中にはモンスターワイフよりも恐ろしい「鬼女」がいるようだ。

   「ムカつく」夫への仕返しとして、「人糞をカレーに混ぜる」「歯ブラシで便器を磨く」などといったとんでもない嫌がらせをする――こうした「鬼女」の真実とも妄想ともつかない「報告」がネット上には多数あがっていた。

「靴下を味噌汁が入った お椀の中でしゃぶしゃぶ」

   高嶋政伸さん・美元さん夫婦の離婚が、2012年11月9日に裁判所で認められた。この離婚騒動の影響、というわけではないだろうが、夫婦関係にまつわる「モンスターワイフ」という言葉に注目が集まっている。

   恋人・夫婦相談所の二松まゆみ所長が提唱した言葉で、夫婦仲を悪くするような行動や言動をする妻のことを指すらしい。二松さんの著書『モンスターワイフ』(講談社)によると、夫の携帯を見る、すっぴんでいる時間が増える、無駄毛処理を怠る、夫のカバンを勝手に荒らす、夫にその気がないのにセックスを強要するといった様々な行動が、「モンスター」に該当するそうだ。

   しかし、世の中にはそんな「モンスターワイフ」も裸足で逃げ出すような、恐ろしい「鬼女」たちがいる。鬼女とは、2ちゃんねるの用語で既婚女性を指す。2ちゃんねるにあるいくつかのスレッドをのぞいてみると、妻たちが旦那に仕掛ける「嫌がらせ」の数々が書き込まれている。それらは、食べ物への異物混入や、歯ブラシで汚いところを掃除するといった背筋の凍りそうな内容だ。

「家は介護中の義父の糞を旦那に食わせてる。カレーの日限定だけど・・ 食った後の旦那の口が臭いのなんのってw」
「今日は旦那の水虫菌たっぷりの靴下を味噌汁が入った お椀の中でしゃぶしゃぶしてから出してやった」
「旦那のコーヒーに雑巾の絞りたて汁いれてやった」
「旦那の歯ブラシは、公園の便所で便器掃除をしてから元に戻してる。 たまに尿結晶が歯ブラシに残ってて、旦那は 『歯磨き粉替えた?なんか粒々が入ってる』と、塩粒か何かと勘違いして歯磨きしてる」
「私も排水管掃除用のブラシと旦那の歯ブラシ間違っちゃった。毛が黒っぽくなったけど元に戻しといた」

   もちろん、夫らは気づかないのだが、これが原因で腹を下したり発熱したりといった被害は受けているらしい。

殺したてのゴキブリ(体長4cm)を口に放り込んだら…

   また、

「口開けて寝てる時に殺したてのゴキブリ(体長4cm)を口に放り込んだら、 『がっ!んがんん…モシャモシャ…』と無意識に食べてた」
「昨日、旦那の育毛シャンプー&リンスに脱毛剤を混入した。今朝、旦那の部屋からギャー!!!!!と悲鳴が。部屋に見にいったら旦那の髪の毛がキレイさっぱり無くなってたwww 旦那、号泣しながら抜け落ちた髪の毛を集めてた」

といった報告もある。いずれも常軌を逸した内容だ。

   一部のスレッドの最初の部分には趣旨として、借金、浮気、DVなど「人として終わっている」夫に対する仕返し話・仕返し方法を語り合うと書いてあるから、普通に生きている限りは縁のなさそうな話ではある。

   また、ITジャーナリストの井上トシユキさんによると、こういった内容は「本当1割、妄想9割」だという。女性は井戸端会議で「ここまでやってやれたらスカッとするだろうな」というような妄想で盛り上がる傾向がある。2ちゃんねるのスレッドなどはこの井戸端会議の典型的なものなので、実際にやったことばかりが書かれているわけではないそうだ。

   ただ、妄想にせよ、真実にせよ、書き込んでいる妻たちが夫に非常に腹を立てている、ということだけは確かのようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中