「景気足踏み」54社、6月時点から倍増 朝日新聞の100社調査

印刷

   朝日新聞が全国の主な企業100社に、「いまの国内の景気をどうみているか」聞いたところ、54社が「足踏み状態」と答え、前回調査(6月)から倍増した。さらに35社は「緩やかに後退」と答えた。同社が2012年11月5~16日に、原則として経営トップに面談して聞いた。

   6月時点では7割以上の企業が「緩やかに拡大」「足踏み状態で一部に明るさ」と前向きな景況感を示していたが、一変した。

   現在の景気について、「緩やかに拡大」や「足踏み状態で一部に明るさ」を選んだのは、わずか5社にとどまった。前回調査の76社から急減した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中