ブルーバード名称が将来、復活する可能性はある 53年の歴史を閉じたのは寂しいが…

印刷

   戦後の日本のモータリゼーションを支えた伝統ある日本車の名前が、またひとつ市場から消滅した。かつて日産自動車の看板だった「ブルーバード」だ。日産は新型セダン「シルフィ」をこのほど発売したが、従来モデルまでは「ブルーバード シルフィ」と、ブルーバードの名を冠していた。

   リアのトランクリッドに輝くエンブレムも、シルフィよりブルーバードの文字の方が誇らしく、大きかっただけに、往年の名車の消滅はファンにとっては寂しい限りだ。

新型シルフィは大半が海外向け

シルフィ G
シルフィ G

   日産によると、新型シルフィは月間の国内販売目標が600台と少なく、大半が海外向けだ。「かつて国内市場が中心だったブルーバードの時代は終わり、中国や米国向けの世界戦略車になった」(日産関係者)という。シルフィは日本や米国といった先進国市場よりも、中国、タイ、中南米といった新興市場を中心に世界120カ国で販売が計画されており、名実ともに、かつてのブルーバードではなくなった。

   ブルーバードは日産の看板車種として、1959年に初代モデル(310型)が誕生。当時は「ダットサン・ブルーバード」と呼ばれた。ブルーバードの全盛は1967年にデビューした3代目「510型」で、当時としては先進的だったSOHCエンジン、4輪独立懸架サスペンションなどBMWと並ぶメカニズムを搭載。スタイルも「スーパーソニックライン」と呼ばれる直線的なデザインが人気を呼んだ。

ユーザーの高齢化とともに持ち味が失われる

   510ブルーバードは当時、「技術の日産」と呼ばれた同社を代表する高性能車で、ライバルだった「販売のトヨタ」のコロナに圧勝。コロナとの熾烈な販売競争は「BC戦争」と呼ばれた。その後、1979年に登場した6代目「910型」、1987年に登場した8代目「U12型」などがファンに記憶される名車となった。しかし、「若々しく、スポーティーな高性能」が売りだったかつてのブルーバードは、バブル期の1991年発売の9代目「U13型」以降、大型化したうえ、ユーザーの高齢化とともに持ち味が失われ、地味なセダンに変貌していった。

生き残っているのは、スカイラインと、復活したフェアレディ

   2000年には「ブルーバード シルフィ」と改称したが、かつての人気と精彩を取り戻すことはなかった。だが、かつてのライバル、トヨタコロナが2001年に消滅し、現行のプレミオに代ったことを考えれば、ブルーバードの長寿ぶりは特筆に値するだろう。コロナは1958年のデビューで、ブルーバードと同世代。コロナの歴史が43年だったのに対して、ブルーバードは53年と、長寿ぶりではBC戦争の軍配はブルーバードに上がった。

   戦後のモータリゼーションを支えた名車の中で、消滅したのはセドリック、グロリア、サニーと日産に多い。生き残っているのは、旧プリンス自動車の伝統を受け継ぐスカイラインと、復活したフェアレディだろう。もちろん、伝統のブルーバードの名称が将来、復活する可能性はあり、日産関係者もそれを否定していない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中