マイクロソフト「Xbox 360」のファンサイト消滅 これからは「個々人で応援するしかない」

印刷

   マイクロソフトの家庭用ゲーム機「Xbox 360」の国内公式ホームページにあった「Xbox360 ファンサイト プログラム」がひっそり消えてしまった、としてネットで話題になっている。

   この「Xbox360 ファンサイト プログラム」というのは、いわゆる「Xbox 360」ユーザーを組織化した応援団サイトのようなもので、登録していたユーザーはこれまで「Xbox 360」本体や、専用ゲームソフトをブログで宣伝し、普及に努めたり、情報交換を行ってきた。

参加させてもらったことには感謝したい

   「Xbox360 ファンサイト プログラム」は、「Xbox360」に関する情報をメインに扱っているサイトや、ブログの管理者を、日本マイクロソフトが募集し組織化したもので、組織入りを「認定」されれば、「Xbox360」公式サイトにリンクが貼られるとともに、イベントへの招待や、新作ゲームの体験プレイができるなど、様々な特典が得られた。もともと02年発売の「Xbox」から始まり、05年発売の「Xbox360」に引き継がれた。

   そのファンサイトが公式ホームページから消えてしまったと、騒がれ出したのは2012年12月19日頃から。このサイトに参加していたユーザーはマイクロソフトからこんなお知らせが18日に届いたとして文面をネットにアップした。

「この度、誠に勝手ながらプログラムを終了させていただくこととなりました。これまでご参加いただいておりましたファンサイトオーナーの皆様には心よりお礼申し上げます」

   実はこのプログラム、休止と再開を何度も繰り返していて、ここ暫くは休止状態だった。それでもプログラムの参加者たちは「Xbox360」が大好きだとし、新作ゲームソフトの話題や、マイクロソフトの動向などをブログに書き続けていたが、「もしや」という予感はあったようだ。

「新型Xbox日本で発売は可能なのか?」

   プログラムの終了を知った人たちは、

「360のブログだったのに、既に半分以上のメンバーは360と関係ない内容を書いているからな」
「それでもファンサイトに認定してくれたことに感謝をしたい。これからは一人ひとりがブログやツイッターで360を盛り上げるしかない」

などとブログに書いている。

   「Xbox360」には熱烈なファンが付いていて、掲示板「2ちゃんねる」では、ソニーの「PS3」と「Xbox360」ではどちらが上か、など、ほぼ互角に張り合ってきたが、国内では「PS3」の売り上げの足元にも及ばない。

   「2012 CESA(コンピュータエンターテインメント協会)ゲーム白書」によれば、全世界の累計出荷台数は11年までで「PS3」が6200万台、「Xbox360」が6400万台、任天堂の「Wii」が9497万台だが、同11年の国内出荷台数で見ると「PS3」が155万台、「Xbox360」が12万台、「Wii」が99万台となっている。

   販売台数が少ないせいなのか、ゲームショップなどで売り場の縮小や、販売をやめたところも出ている。「Xbox360」の後継となる新型ゲーム機が13年秋に発売されるという報道があるが、

「新型Xboxは日本でも発売してくれるのだろうか?」

などと心配するファンも出ている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中