胃がんの「原因」ピロリ菌、胃炎での治療にも保険適用

印刷

   胃がんや胃潰瘍を引き起こす原因の1つであるとされるヘリコバクター・ピロリ菌について、厚生労働省は2013年2月21日、胃炎の際の除菌治療を保険適用として認めた。

   これまでは胃潰瘍などの重い病気でしか保険が適用されていなかったが、今回製薬会社12社の薬が、保険の対象として慢性胃炎を加えることを認められた。早期治療を促すことで、胃がんなどの予防を進める狙いがあるとされる。


エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2015/06/05

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

日本抗加齢医学会総会で発表された最新の研究報告です

フジテレビ神話の崩壊いつから!?ほんの少し前は視聴率3冠のお化け放送局だったのに......

数分で読める、わかる、鎌倉女子大学のwebミニ講座。これが無料?!

ミニッツシンキング

ライダーなら一度は行っておきたい...

北海道