胃がんの「原因」ピロリ菌、胃炎での治療にも保険適用

印刷

   胃がんや胃潰瘍を引き起こす原因の1つであるとされるヘリコバクター・ピロリ菌について、厚生労働省は2013年2月21日、胃炎の際の除菌治療を保険適用として認めた。

   これまでは胃潰瘍などの重い病気でしか保険が適用されていなかったが、今回製薬会社12社の薬が、保険の対象として慢性胃炎を加えることを認められた。早期治療を促すことで、胃がんなどの予防を進める狙いがあるとされる。

パワプロ?ウイイレ? いえ、FX投資です。

   「監督目線」でプログラム選ぶだけの「シストレ24」とは? プロの投資家が作った売買プログラムで取引をする、その数なんと9000...続きを読む

PR 2015/03/23

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

通話や通信もストレスなし、LTE 接続も可能。こんどこそ、格安SIMに乗り換える好機?

春のライダー達に立ちはだかる大きな壁、それが「花粉症」

バイク

量だけの問題じゃない!

実験。同量の食事を急いで食べた人は、よくかんだ人より肥満する率が倍だった?!

ミニッツシンキング