ファイル共有ソフトの利用減 違法DL刑事罰化の影響か

印刷

   「Winny」「Share」などファイル共有ソフトの利用者数が大きく減少していることが、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の調べで明らかになった。2013年2月22日発表された。

   これによると、各ソフトに接続しているノード(端末)数は、1月18~19日時点でWinnyが2万台(12年:3.4万台)、Shareが5.9万台(同9.2万台)だった。2012年10月の著作権法改正による違法ダウンロードの刑事罰化などが影響していると見られる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中